マジョルカ久保6試合連続と予想。しかし指揮官は「競争し戦わなければ」とチーム内の争いを促す

access_time create folderエンタメ
マジョルカ久保6試合連続と予想。しかし指揮官は「競争し戦わなければ」とチーム内の争いを促す

17位のマジョルカが勝点1差の18位セルタと対戦。開幕からのアウェー7連敗をストップできるか。

[スペイン1部 17節] セルタ – マジョルカ/2019年12月15日/バライードス
 スペインメディア『マルカ』は、スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のセルタ・デ・ビーゴ対RCDマジョルカのスタメン予想で、久保建英の6試合連続での先発を予想している。チームは3連敗中で、今回も開幕から7連敗と続くアウェーでの一戦になる。久保の一発で、この悪い流れを止められるか。
『マルカ』は従来通り4-1-4-1(4-3-3)で、久保は左サイドハーフ(左ウイング)に入ると予想されている。マジョルカのビセンテ・モレノ監督は試合前日の公式記者会見で、「しっかりと自分たちの道を進み、競争し合い、戦っていかなければいけません」と、チーム内の競争の重要性を説いている。また、「負け続ければ悪化するだけ。結果を残さなければ、状況は改善されません」と、「結果」を残すことにこだわる覚悟を示している。
 マジョルカは4勝2分10敗(16得点・28失点)の勝点14で17位、一方、セルタは勝点1差で降格圏の18位に沈んでいる。ここでしっかり叩くことができれば、1部残留に向けても大きなアドバンテージを得られる。
 久保はこれまでリーグ13試合1得点・2アシスト。前節はカンプノウでのFCバルセロナ戦で先発フル出場したが、バルサの育成組織(カンテラ)時代からの憧れの的であったリオネル・メッシに、目の前でハットトリックを決められるなど、2-5で敗れた。ウイングならばゴールを狙え――というメッセージにもなったか。大きな刺激を受けただけに、その悔しさと得たものを、ピッチに還元したい。
 試合を重ねるごとに周囲との連係も良くなってきた。それだけに、そろそろ……チームとしても、久保個人としても、「結果=ゴールに直結する仕事」をしたいところだ。

[文:サカノワ編集グループ]

関連記事リンク(外部サイト)

【天皇杯】土居渾身ヘッド、HondaFCは8強で涙。準決勝は神戸×清水、鹿島×長崎
【日本代表スタメン&展望】和流ロベリ、原口&伊東のツインドリブラー採用
【ACL浦和】決勝進出の場合は…アル・ヒラルが4-1でアル・サッドに先勝。しかも…

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワ

サカノワ

サカノワ │ 広がっていくサッカーの輪。「国内」「海外日本人選手」を中心としたサッカー情報サイトです。

ウェブサイト: https://sakanowa.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧