ハイオク指定のバイクにレギュラーガソリンを入れたらどうなる?その逆は?

access_time create folder生活・趣味
ハイオク指定のバイクにレギュラーガソリンを入れたらどうなる?その逆は?


Q. ハイオク指定車にレギュラーを給油したら?

A. いきなり壊れることはないけど、長期使用はトラブルのもと
ガソリンスタンドでセルフ給油した際に、自分の乗っているバイクがハイオク指定なのに間違ってレギュラーガソリンを入れてしまった!という人も少なからずいるだろう。その場合、自分の愛車が壊れてしまうのでは!?と気が気でないそこのアナタ…とりあえずいきなり壊れはしないので安心してほしい
しかし、ハイオク指定車のエンジンはハイオクの性質にあった圧縮比や点火タイミングが設定されている。そこにレギュラーを入れるとわずかに燃焼のタイミングが狂ったりするので、エンジンにとってよい状況ではなく長期的に使い続けるとトラブルが起きることも。一時的な使用にとどめて、できるだけ早くハイオクを入れよう。

Q. レギュラー指定車にハイオクを給油したら?

A. 特に問題は起きないけれど、あまり意味はありません
逆にレギュラー指定車にハイオクを入れてしまった場合はどうだろう? レギュラー指定車のエンジンはレギュラーガソリンでノッキング(異常燃焼)が起きないように設計されているので、レギュラーよりもノッキングが起きにくいハイオクを入れてもあまり意味はない。ハイオクに含まれている添加剤による効果も長期的に使用しないと効果はほとんどないと言われている。パワーや燃費の向上を期待してハイオクを入れている場合は、お金の無駄なので大人しく指定されたレギュラーガソリンを入れよう

レギュラーとハイオクの違いとは?

ハイオクはレギュラーと比べてオクタン価(エンジン内での自己着火のしにくさ・ノッキングの起こりにくさを示す数値)が高いガソリンのこと。
ハイオク指定車のエンジンはハイパワーを得るために圧縮比が高く設定されており、圧縮熱も比例して大きくなる。この高い圧縮熱でオクタン価の低いレギュラーガソリンでは、プラグが火花を飛ばす前に自己着火によって燃焼(爆発)してしまいノッキングの原因となってしまう。そのため給油する際は、しっかり指定された油種を入れるように気をつけよう。

関連記事リンク(外部サイト)

伝説の“POP吉村”の半生を追った書籍がヨシムラジャパンから発売中
ドゥカティが本物のレーシングパーツを展示用として販売開始
流れるウインカーでスタイリッシュに!デイトナからLEDシーケンシャルウインカーが登場

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧