嵐ドキュメンタリー Netflixで12月31日より毎月配信!全20話以上で活動休止までを映す 松本潤「嘘偽りのない僕らがそこに映っています」

access_time create folderエンタメ

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが、2019年12月31日(火)よりNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」を全世界独占配信することを発表! 予告映像も同時解禁されました。

1999年にデビューをした“嵐”はトータルCDセールス約4000万枚以上、コンサート動員数約1400万人以上という前人未到の記録を樹立。日本人アーティストとして数々の記録を打ち立てた名実ともに日本のTOPボーイズグループです。そんな彼らは、今年2019年1月「2020年いっぱいでの活動休止」という衝撃の発表。そこからから約1年。結成20周年となる11月には、ジャニーズ初の5大SNS解禁や、シングル曲の全世界デジタル配信の決定などを発表し、また2日間アジア4都市を回ったキャンペーン「JET STORM」を敢行するなど、これまでにも増して精力的に活躍の場を広げています。そんな彼らの想いとは、5人は何を想い、その日に向かっているのか……。

全世界独占配信されることが決定した、Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」。2020年12月31日嵐の活動休止までの姿を映し出していく本作は、2019年12月31日(火)から約1年間、毎月配信を予定。これまでのアーカイブ映像に加え、嵐の“今”を切り取った貴重なドキュメンタリーとなるそうです。英語、フランス語、ドイツ語はもちろん、ヘブライ語、アラビア語など28カ国語の字幕付で全世界190カ国に配信されます。

【嵐・松本 潤 コメント】
20年活動してきた僕らが、2020年末で活動休止するのは何故か。
そして、僕らがその時「何を思い、何をしたか」その瞬間を一年間、伝えていきたいと思います。
僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています。
Netflixと組むことで世界190カ国、28の言語の字幕付きの配信が実現しました。
今まで僕らを知らなかった方にも、「日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ」と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです。

【坂本和隆 (Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)】
日本を代表するアーティストである嵐。彼らを応援する国内外のファンへの想い、また誰も観たことのない一面までもを映し出したドキュメンタリーシリーズとして、Netflixメンバーへお届けできることを大変嬉しく思います。
Netflixは嵐の活動休止までの旅路をともに歩み、2020年12月までの一年間、この作品を皆さまに観ていただけることを楽しみにしております。

1999年のデビュー時に「世界中に嵐を起こす」と宣言した嵐が、その言葉通りに「世界190カ国で嵐を巻き起こす」ことになるであろうNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」。予定されているエピソードは全20話以上 (毎月不定期配信予定)! 第1話は、12月31日(火)午後5時より配信します。


動画:「ARASHI’s Diary -Voyage-」予告映像
https://www.youtube.com/watch?v=B5TPrfCSwM4[YouTube]

【タイトル】Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」
【出演】相葉雅紀、松本 潤、二宮和也、大野 智、櫻井 翔
【演出】原田陽介
【エグゼクティブ・プロデューサー】
藤島ジュリーK.
坂本和隆 (Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)
【エピソード】全20話以上 (毎月不定期配信予定)
【字幕言語】アラビア語、中国語:繁体字、中国語:簡体字、デンマーク語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ノルウェー語、ブラジルポルトガル語、ポルトガル語、スペイン語、カスティリアンスペイン語、スウェーデン語、ポーランド語、トルコ語、ベトナム語、タイ語、ヘブライ語、ルーマニア語、ギリシャ語、インドネシア語、ロシア語、チェコ語、ハンガリー語
【Netflix】 https://www.netflix.com/嵐
【配信】2019年12月31日(火)より、Netflixにて全世界独占配信

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧