アニメ演出家が慎重勇者に関して意味深発言 / 第10話が放送できなかったのは作業の遅れのためか

access_time create folder生活・趣味

shincho-yusha1

人気テレビアニメーション「慎重勇者」の第10話の放送が延期され、総集編に差し替えられた件が大きな話題となっている。先週までは第10話が放送されると思われていただけに、突如として延期されたことを不安視する声が出ている。

・アニメーターが意味深な書き込み
慎重勇者製作委員会は公式サイトで「制作進行上の都合により放送を延期し、「総集編」の放送・配信とさせて頂きます」とコメントしており、おそらく仕事が終わらなかったため、第10話を放送することができなかった可能性が高い。

そんななか、アニメーターが意味深な書き込みをTwitterにしたため注目を集めている。アニメーション演出家の「うえだしげる」さんの書き込みだ。

shincho-yusha

・Twitterへの書き込み内容
「なんか明日から月曜までホワイトフォックスに待機して原画が出るたびチェックしとろ言われた、行ってこいとアスリードからメールが来てクラクラしている。あのー、馬鹿なの?俺の生活やほかの仕事無視なの?人間扱いされないの?下請けが雇った演出を元請けに差し出すの?もー、不信感しか感じない両社」

「君たちのいう事は聞くつもりが全くないよ。なんなら降ろしてくれて全くかまわんよと返事。そもそも日曜出勤して欲しいという要請も状況説明も今の時点で全く無し。残りCUT数も不明。そして水曜だか木曜だかにON-AIR?なんだこれ?何に巻き込まれたんだ?」

「それでも請けたんなら最後まで責任を」という向きもあろうけど、それは決して次の仕事に繋がるわけじゃない。フリーなんて連中からしたら使い捨て要員だからね。過去に信頼関係を築いた会社との交渉なら多少譲歩するけど、初めての会社でそれはねーわな。下らん。コンテ作業にもどろーっと」

「慎重勇者総集編だったせいか、俺のボヤキがやたらRTされとる。みんな暇ね。フォローするわけじゃないけど作監、総作監さんは凄く頑張ってると思うし有難くて頭が下がる。もし出来が良ければそれは監督と作監陣のおかげです。悪い部分は全部俺のせいね」


shincho-yusha2

・間違ったことは何も言っていない
その書き込みが本当に慎重勇者に対するものなのであれば、現場は非常に切迫した状況になっている事がイメージできる。しかし、いくら締め切りが間に合わないからとはいえ、適切ではない労働を強いるのは間違っている。そう考えれば、うえだしげるさんの発言は常識的なことであり、間違ったことは何も言っていない。

・今回は慎重さが足りなかった?
素晴らしい作品を作りたいならば、慎重に物事を進めても時間が余るほどの環境であるべきだ。今回は慎重さが足りなかったのか、それとも慎重に作りすぎて遅れたのか不明だが、スタッフは無理をせずに健康第一で作品作りを進めてほしいものである。

もっと詳しく読む: アニメ演出家が慎重勇者に関して意味深発言 / 第10話が放送できなかったのは作業の遅れのためか(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/12/12/shincho-yusha-imishin-news/

Image: 『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』第9話「死神がとにかく無敵すぎる」先行カット
(C)土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧