定番レンジファインダーカメラの新作「X100V」は2020年2月登場とのウワサ

access_time create folderデジタル・IT
定番レンジファインダーカメラの新作「X100V」は2020年2月登場とのウワサ

レンズ交換式カメラが魅力的なのは間違いありませんが、カメラマンがより多彩な写真を撮るために、誰もがこのようなエコシステムに投資したいと思っているわけでも、複数のレンズを持ち歩きたいと思っているわけでもありません。写真家の中には、気楽に写真を撮り続けたいと思っている人もいます。
そこで役に立つのがコンパクトカメラで、富士フィルムのX100シリーズはおそらく現在最も人気のある選択肢の1つでしょう。現在までに4モデルが発売されており、5番目のモデルであるX100Vが開発中であるとされています。Fuji Rumorsからの報告によると、X100Vは2020年2月に発売される可能性があるとしています。
記事によると、X100Vの価格は1500ドルになる可能性があるようです。これは、1300ドルで発売されたX100Fよりも値上がりすることになり、一部のユーザーは受け入れづらくなるでしょう。というのも、この価格であれば、写真家はミラーレスカメラやエントリーレベルの一眼レフカメラを購入した方が、より柔軟性とカスタマイズ性が得られるためです。
いずれにせよ、現時点では単なる噂にすぎないため、話半分に聞いてほしいところですが、2020年2月のローンチが本当であれば、すぐに正式な詳細が分かるはずです。
この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

RED Hydrogen One、FCC認証通過 バッテリーは4510mAhと判明
SDC2019で出た2つの新Galaxy Book 1kg切りモデルも
Samsung社は一部のマーケットでAndroid Goベースのスマートフォンをリリース

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧