歴史ある寺社でお茶会を体験!奈良市が「第七回珠光茶会」を開催

access_time create folder生活・趣味


寒い季節になると、温かい飲みものでホッと一息つきたくなる。お茶は、日本人にとって、もっとも身近な温かい飲み物だろう。

奈良出身の茶人・珠光にちなんだ茶会

奈良市では、茶道の源流ともいえる奈良の地で「わび茶」を創始した奈良出身の室町時代の茶人・珠光にちなみ、2020年2月5日(水)~9日(日)に「第七回珠光茶会」を開催する。なんといっても、春日大社といった著名な寺社でお茶席を体験できるのが見所だ。

<日本酒茶会>ほかさまざまなお茶会を用意

期間中はさまざまなお茶会プランが用意されているが、特に注目したいのは2月9日(日)に開催される「お茶会【四】<日本酒茶会>」。

今年度の<日本酒茶会>は、2020年2月に奈良市と宮城県多賀城市が友好都市提携10周年を迎えることから、清酒発祥の地奈良の地酒4種に多賀城産古代米酒「おもわく姫」を加えた5種、それらのお酒に合わせた創作菓子5種、お茶席一席分を盛り込んだ企画となっている。

他にも、「お茶席(二席分)」+「点心席」+「各会場参観」+お茶席巡回バス乗車」がセットになった「お茶会【壱】」、「お茶席一席分」+「会場参観」がセットになった「お茶会【弐】」などが用意されているので、内容をよく吟味して選びたいところ。

参加する茶道流派は、表千家・裏千家・武者小路千家・遠州流・石州流・藪内流・宗徧流と幅広く、お茶会の会場も、奈良市内八社寺(春日大社・東大寺・元興寺・大安寺・西大寺・唐招提寺・薬師寺・法華寺)などとなっており、教科書で見たことがある著名な寺社がずらりと揃う。

「珠光茶会特別ブレンド茶」なども販売

イベント期間中は、「珠光茶会特別ブレンド茶」を「お茶席【壱】」の点心会場で振舞い、同会場内での販売も実施。

また2月7日(金)に呈茶席会場で開催される「お茶席【参】<七流派おもてなしの共演>」では、奈良県で初めて碾茶(てんちゃ、抹茶に挽く前のお茶)の生産を始めた今谷直仁氏が手がける大和抹茶「神野(こうの)の白(春日大社 花山院宮司命名)」を呈茶席会場で振る舞い、販売する。

イベントごとに開催場所・日時および申し込み窓口が異なるほか、お茶券の予約数の上限もあるので、事前にしっかり公式サイトでチェックしておこう。

伝統を感じる凛とした冬の古都の風情を味わいながら、お茶文化に親しむ特別な体験ができそうだ。

『珠光茶会 公式サイト』( http://jukotea.jp/ )

access_time create folder生活・趣味

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧