陸上自衛隊最大の航空科部隊が空を舞う!木更津駐屯地航空祭2019

access_time create folderエンタメ
陸上自衛隊最大の航空科部隊が空を舞う!木更津駐屯地航空祭2019

 陸上自衛隊最大規模の航空科部隊である第1ヘリコプター団、第4対戦車ヘリコプター隊の拠点、千葉県の木更津駐屯地で2019年12月8日、航空祭が開催されました。多数のヘリコプターが空を舞ったほか、抽選で来場者がCH-47による体験飛行を楽しみました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 旧海軍の木更津飛行場を前身とする木更津駐屯地。戦前は航研機の世界記録飛行が行われたほか、戦時中は日本初のジェット機「橘花」が初飛行を行なった地でもあります。戦後はアメリカ軍による接収を経て、現在はアメリカ軍と自衛隊の共同使用飛行場となっています。2019年9月には、最後の開催となったレッドブル・エアレースのレースエアポートとしても使用されました。

 木更津駐屯地に拠点を置く主な部隊は、陸上総隊の第1ヘリコプター団と、東部方面航空隊の第4対戦車ヘリコプター隊。なかでも第1ヘリコプター団は大型輸送ヘリコプターのCH-47J/JAのほか、国外からの賓客や皇族、閣僚らを輸送する特別輸送ヘリコプターのEC225LPを装備していることで有名です。

 行事の始まりは祝賀編隊飛行から。快晴の空の向こうに富士山の偉容を見ながら、ヘリコプターが一斉に離陸します。


 CH-47J/JAのほか、UH-60JA、UH-1J、AH-1S、OH-6Dと、陸上自衛隊のヘリコプターのほか、連絡偵察飛行隊のLR-2連絡・偵察機が編隊を組んで会場上空を通過します。長年陸上自衛隊で特科(砲兵)部隊の目となって活躍してきた偵察・観測ヘリコプターOH-6は、2019年度限りで引退するため、今回が最後の参加となりました。


 祝賀飛行を終えると、各装備品のデモンストレーションも実施されます。エンジンの不具合で、実働部隊での飛行停止措置が続く国産のOH-1偵察ヘリコプターは、航空機牽引車(トーイングカー)の動作展示用の機材として参加。OH-1は明野の航空学校で試験飛行が始まっており、実働状態に復帰するのも近いようです。

 世界で3本の指に入る消防機材のトップメーカー、オーストリアのローゼンバウアー製消防車パンターは、各所に装備された放水銃を使って放水を実演。運転席上に設けられた放水銃は、1分間に9トンもの水を最大100mの距離で放水することが可能です。

 主役の航空機は、その能力を示す飛行を見せてくれました。特別輸送ヘリコプター隊のEC225LPは、普段のVIP輸送任務では絶対に見せない軽快な運動性を披露。

 第1空挺団の協力により、空中機動作戦のデモンストレーションも実施しました。LR-2の上空偵察から始まり、AH-1Sの火力支援のもと、CH-47から偵察部隊が進出。





 その後本隊となる普通科部隊がCH-47で到着し、戦闘を進めていきました。



1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧