成城石井バイヤーおすすめ 酒に合わせる最強の“おつまみ”5選「だしの旨みとビールのほどよい苦みが好相性です」

access_time create folderグルメ

お酒を飲む機会の多い年末年始のシーズン。

メインの料理以外にあと一品どうしようかな? ……と悩んでしまう方も多いのでは。

そんな時にぴったり。成城石井のバイヤーが厳選したおすすめのおつまみをバイヤーのコメントとともにご紹介いたします。

成城石井のバイヤーおすすめ 酒のつまみ5選

1.成城石井 塩バナナチップス 329円(税抜)

フィリピン産のバナナをココナッツオイルでフライした食感の良いバナナチップス。

バイヤーおすすめコメント:「おやつのイメージが強いバナナチップスを塩味で仕上げることで大人の方にも満足いただけるスナックに。甘さと塩味のバランスが絶妙なおいしさです」

あわせたいお酒は?

・成城石井 スパークリングワインブラン 399円(税抜)
バイヤーおすすめコメント:「定温管理にこだわり、フレッシュな香りを実現した缶入りスパークリングワイン。塩バナナの甘じょっぱさをワインのシュワシュワ感が引き立てます」

2.成城石井自家製 ポークウインナー(化学調味料不使用) 399円(税抜)

国産フレッシュ豚肉を100%使用し、粗挽きではなく舌触りが滑らかな絹挽きを採用。本場の味をお届けするために、燻製用の木材はドイツから輸入したぶなの角材を用いています。皮には破れやすくデリケートな天然羊腸を使用しているため職人の技が欠かせません。

バイヤーおすすめコメント:「パリッとした皮の食感とともに、じゅわっと口の中であふれるジューシーな肉汁をお楽しみください。素材本来の味を最大限に活かした味わいです。さっと熱湯にくぐらせてボイルして召し上がっていただくのが一番のおすすめです。お好みでケチャップ、マスタードを添えても。」

3.成城石井 特選味付うずらのたまご690円(税抜)

成城石井職人監修の和風だしで味付けしました。じっくり煮込んだ味わいと、柔らかい食感が特徴です。国産うずらたまご使用。化学調味料不使用。

バイヤーおすすめコメント:「国内産焼きあご、北海道産真昆布、焼津産かつお節を使用した、成城石井の和食料理長監修の「和風だし」を使用しています。化学調味料を使わずに仕上げたやさしい味わいで、こだわり原料のおいしさをそのまま味わえます」

あわせたいお酒は?

・ヤッホーブルーイング よなよなエール 248円(税抜)
バイヤーおすすめコメント:「日本のクラフトビール界を牽引するヤッホーブルーイングのフラッグシップ的な存在のビール。だしの旨みとビールのほどよい苦みが好相性です。」

4.成城石井 2種のトリュフ香るミックスナッツ 600円(税抜)

「イタリア産白トリュフオイル」と「フランス産ゲランドの塩を用いた黒トリュフ塩」を使って味付けをしたミックスナッツ。

バイヤーおすすめコメント:「トリュフ風味と相性の良い、アーモンド、くるみ、マカダミアナッツ、ピスタチオをミックス。トリュフオイル、トリュフ塩、2種類を使うことでより香り高く仕上げました。」

あわせたいお酒は?

・成城石井 オリジナルハイボール 199円(税抜)
バイヤーおすすめコメント:「スコットランド産モルトウイスキーを100%使用したハイボール。ややスモーキーな香りがトリュフの芳醇な香りとベストマッチ。」

5.マテスファンタジートリュフ オレンジピール 799円(税抜)

冬季限定、フランスから直輸入。爽やかな酸味が広がるオレンジピールを加え、口どけなめらかに仕上げました。

バイヤーおすすめコメント:「なめらかな食感が特徴のトリュフチョコレートに、カカオ風味と相性の良いオレンジピールを合わせています。甘さとほろ苦さのバランスに優れた大人のチョコレートです。」

あわせたいお酒は?

・成城石井 プレミアムハイボール 299円(税抜)
バイヤーおすすめコメント:「国産30年長期熟成のブランデーを100%使用したハイボール。ブランデーの芳醇な香りと、オレンジの華やかな香りが織りなすハーモニーが素晴らしい。」

成城石井のバイヤーが選んだ絶品グルメなおつまみ。お家で常備するもよし、手土産にも大助かりの逸品です。

※撮影:オサダコウジ

  1. HOME
  2. グルメ
  3. 成城石井バイヤーおすすめ 酒に合わせる最強の“おつまみ”5選「だしの旨みとビールのほどよい苦みが好相性です」
access_time create folderグルメ

erini (エリーニ)

漫画描くグルメ記者。バレエを踊ったりします。 食べ合わせを日夜研究中。犬好き。

ウェブサイト: https://linktr.ee/erini

TwitterID: erini_desu

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。