ビリー・アイリッシュ、初の監督を務めたオフィシャルMV 「xanny」公開

access_time create folderエンタメ
ビリー・アイリッシュ、初の監督を務めたオフィシャルMV 「xanny」公開

「第62回グラミー賞」に史上最年少で主要4部門、計6部門にノミネートされた17歳のアーティスト、ビリー・アイリッシュ。

本日、世界中で大ヒット中のデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? 』に含まれる楽曲「xanny」のミュージック・ビデオを公開し、監督デビューを果たした。

本MVは、公開後7時間で500万回再生越えている。(日本時間12月6日午前10時現在)

この作品について、ビリー・アイリッシュはこのようにコメント:
「この監督デビューを皆さんと共有でき、とても嬉しいです。ビジュアルは私にとって非常に重要であり、自分の創造的なビジョンを思い通りに表現できる場所にいることを誇りに思う。私に信頼を寄せてくれたすべての人に感謝します。」

「xanny」オフィシャルMV

https://www.youtube.com/watch?v=LZyybvVx-js
さらに本日、米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間チャートが発表され、『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が1位に輝いた。

デビュー・アルバムが年間チャート1位を獲得した20歳以下のアーティストは過去に2人しかおらず、20歳だったテイラー・スイフトの『Fearless』(2009年)と、20歳だったボビー・ブラウンの『Don’t Be Cruel』(1989年)。今回ビリーはこの記録を打ち破り、史上最年少での年間アルバム1位獲得となる。

代表曲「bad guy」は全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で1位に輝き、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初。この楽曲のストリーミング数は全世界で35億回以上を記録している。

また、『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は現在まで世界中で合計250億回以上ストリームされており、2019年最も売れたデビュー・アルバム、北米では10年で最大のデビュー作品(男性、女性、またはグループ)となっている。

来年3月から始まるビリーの2020年北米ツアーは、発売開始後1時間以内に完売したという。

17歳で世界的現象となった彼女は、2019年の終わりに近づいても、勢いが止まらない。 (内)

【アーティスト情報】
ビリー・アイリッシュ日本特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/billie-eilish/
ビリー・アイリッシュLINE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/billieeilishjp
ビリー・アイリッシュ公式インスタグラム(海外)
https://www.instagram.com/billieeilish/

access_time create folderエンタメ
local_offer

OTOTOY

ハイレゾ音楽配信/メディア・サイト。記事も読めるようになったアプリもよろしくどうぞ。

ウェブサイト: http://ototoy.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧