「もう俺達、終わってるんだな」スピードワゴン・井戸田、安達祐実と復縁断念

access_time create folderエンタメ

5日放送「アメトーーク!」は、「バツイチつらいよ芸人」というテーマで、ココリコ・遠藤章造、スピードワゴン・井戸田潤ら離婚経験のある芸人たちが出演した。

元妻・千秋との間にできた子どもに会う際、「子どもを千秋の家に迎えに行って、うちに泊まる時とかに。まあ(千秋は)トイレはまず貸してくれないですね」と切り出した遠藤が、「(千秋の家の玄関を)バタンって閉めた瞬間に、(家の中で千秋が)プシュー、プシュー(と消臭剤をまいている)」と明かすなど、その過酷な実情にスタジオからは驚きの声があがるなど、「アメトーーク!」とは思えない悲壮感たっぷりの内容となった今回。安達祐実と離婚をした井戸田は、番組内で復縁活動断念を宣言した。

「はじまりは、離婚して3ヶ月くらいした時に、娘の誕生日があったんです。プレゼントは三輪車がいいというので、買いに行こうと思ったんですけど、例えば色だとかキャラクターとか。せっかく買っても娘が気に入ってくれないと、かわいそうだなと。一応誘ってみたんですよ。そしたら二人で来ると。で、三人で買いに行ったんです」と語った井戸田。「それを機に頻繁に会うようになったんですよ。“あれ、これ、どういうことだ?”と思って、自分の中で解釈して、これいけるわって思ったんですよ。それでこんなに頻繁に会ってるなら、もう一回やり直さないかって言ってみたんですよ。そしたら、くい気味に奥さんが“ムリムリムリムリムリムリムリーーー”と。“こんなに温度差があんだ”と思って」というエピソードを明かす。

さらに、「それが三年くらい前。そこから復縁活動が始まるんですけど、つい三カ月くらい前の話しなんですけど、来年娘が小学校にあがるんですね。小学校のことに関して受験させようとか、公立だったらこういうところがいいとか二人でよく話してたんですよ。また最近頻繁に会う機会が増えたんですよ。“あ、これいけるな”って思って。“このままこういう風な生活を続けていくんであれば、娘が小学校を入った機にもう一回やり直してみないか?”って言ったんです。そしたら、今度は手をスッと添えて“結構です”って言われたんですよ。それが三カ月前なんですけど、その時思ったんですよ。もう俺達、終わってるんだなって」と話し、最近まで復縁の可能性を信じていたという井戸田に、周囲の芸人たちはツッコまずにはいられなかった。

また、「離婚して増えた事&減った事」という質問には、「ドラマを観る回数が減った!!」というフリップを出した井戸田。「前の奥さんが、昼ドラでキスしてたんですよ。昼間から何やってんだ、コイツと思って。昼間からキスしますか?」と訴え、司会の蛍原徹からは「情緒が不安定なの?」と指摘された。

【関連記事】
安達祐実、ガンの疑いで検査入院も病院関係者に非難の声
安達祐実 「今、幸せ?」との質問に「幸せですよ!」
安達祐実 娘の名前の由来明かす「凜とした逞しい女性に」

(http://news.livedoor.com/article/detail/6730600/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧