台風第19号でJR東日本の被害額は300億円以上、長野総合車両センターをのぞいても巨額に

access_time folder生活・趣味
台風第19号でJR東日本の被害額は300億円以上、長野総合車両センターをのぞいても巨額に


JR東日本は、2019年10月12日の台風第19号の影響による見込み被害額を公表。
新幹線・在来線については、北陸新幹線の運転見合わせ・本数削減などにともなう減収や、新幹線車両などへの浸水、橋りょう流出、線路設備への土砂流入など、広範囲で被害を受け、運輸収入は当期で約160億円の減少。
内訳は、10月の減収額が約120億円、11月以降は輸送力の改善などで縮小し約40億円。
また、長野新幹線車両センターをのぞく鉄道施設の復旧に要する費用は約170億円。浸水被害を受けた新幹線車両 E7系8編成(第2四半期連結会計期間末の帳簿価額118億円、新造費用約300億円)は廃車し、上述の復旧費用と合わせて、その大部分が特別損失として計上される。
今回の復旧費用の一部については保険の対象となる見込み。今後、保険会社との協議をすすめていく。
千曲川の氾濫などで浸水した長野新幹線車両センターは、復旧方針や浸水対策について検討中。長野新幹線車両センターは独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有し、今後これらについてJR東日本と機構で協議していくことから、現時点では具体的な復旧金額について算定できない。
駅構内店舗、駅ビルなどは一部休業が発生。営業収益の減少額は当期において約30億円程度。
長野新幹線車両センターの復旧に要する金額について算定できていないことなどから、2019年10月28日の2020年3月期第2四半期決算発表時に公表した通期業績予想は修正しない。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

JR改札から直一発で、成田空港第2ビル駅のJR+京成の二重改札を廃止
両陛下が即位報告で伊勢神宮へ、東海道新幹線N700系81列車と近鉄50000系を乗り継ぎ
JR東海 新幹線車両の運転台と床下にカメラを設置、降雪時などに指令側での徐行判断を適正化

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧