幻が現実に! 『PANTAと仲間たち ヤルタ★クリミア探訪記』が出る!

access_time folderエンタメ
幻が現実に! 『PANTAと仲間たち ヤルタ★クリミア探訪記』が出る!

 
 「いったいいつ出版されるんだ?」
 「もう1年以上経ったから、出ないんじゃないの!?」
 PANTAファンの多くが諦めていた幻の旅行記が、やっと出版される! 題して『PANTAと仲間たち ヤルタ★クリミア探訪記』。
 実は本と言うより、写真集に近い。もっと正確に言うと、編集人のシミズヒトシ(後述)は「旅行した各人のインスタグラムを綴じたような本がコンセプト」と語る。その言葉通り、A5判、160ページのほとんどがカラーという豪華本だ。そこに溢れるのは、PANTAの唄う姿はもちろん、白亜のリバーディア宮殿、へんてこなジェットホテル、スーパー、ビーチで上半身を裸にして背中をやく美女(顔は見えないがw)、住宅街に停められた車、理解に苦しむ道路標識……書き出したらきりがないので、ぜひ実物を買ってください。12月24日発売だから、クリスマスプレゼントに最適!
 と、前ふりしておいて、なぜPANTAがヤルタ★クリミアに行ったのか、少し説明しておこう。
 

ヤルタ市制180周年記念・国際音楽祭

 2018年8月、この本の著者になっている“PANTAと仲間たち”は、クリミアの中心都市・ヤルタに乗り込んだ。それは、新右翼団体・一水会の木村三浩代表の呼びかけに応じたものだった。
 この年、ヤルタは市制180周年を迎えた。明治維新よりも30年も前に、すでに市制を敷いていたわけだ。その180周年を記念して、国際音楽祭が開かれた。木村三浩代表はロシアとは非常に友好的な関係にある。2014年のクリミアのロシア帰属以来、すでに6回、この地へ渡航している。そんな関係で、国際音楽祭へ日本の音楽家を呼べないか、クリミア政府から頼まれた。そこで木村が白羽の矢を立てたのが、かねてから知り合いのPANTAだった。もう一組、尺八とバイオリンのデュオ(き乃はち、竹内純)と共に、「日本の伝統と現代」を送り込もうという算段だった。
 出演を打診されたPANTAは無類の歴史好き、かつ“防衛装備品”マニア。断る理由はどこを探してもなかった。
 そんなわけで、ミュージシャン3人に、筆者(椎野礼仁)、シミズヒトシ、末永賢ら一行が、成田から機上の人となった。後ろの3人について説明しておくと、レイニン椎野(筆者です)は2003年2月のイラク・バグダッド訪問記『PANTAとレイニンの反戦放浪記』以来のPANTAの盟友、というよりパシリ。ヒトシは1979年に結成されたPANTA & HALのファンクラブの首謀者。本人曰く「ファン歴は40年に過ぎない」。末永賢は撮影班だ。折しもPANTAが相棒TOSHIと組んで結成した頭脳警察は、今年が結成50周年。そのドキュメンタリーを撮影中だった末永賢ももちろん訪問団に参加した。
 
crimea_a.jpg
▲ヤルタの海岸で発見!

 

聴衆は7,000人!

 いきさつはどうでもいい。話はいきなりヤルタ音楽祭に飛ぶ。8月11日の暑い日、ヤルタ港に隣接した巨大な広場に組まれた巨大なステージで、音楽祭の幕は切って落とされた。人々が、半円を描いて5重にも6重にもステージを取り囲む。惜しげもなく脚線美をさらすミニスカートに胸もあらわなタンクトップの若い女性たち、むき出しの肩や二の腕にタトゥーを入れた大男たち……。そんな面々が多いように感じる。ここは本当にロシアなのか?
 もっともクリミアは、帝政ロシアの昔には皇帝や貴族が競って別荘を建てた土地柄。いかにもリゾートな人々で溢れかえるのもむべなるかなだ。木村光浩代表によれば、クリミア当局から聞かされた想定観客数はなんと7,000人だ!
 出演者がまたすごい。ロシア黒海艦隊(多分)のブラスバンド。バレエを優雅に踊る女性グループ。まるで日本のアイドルグループのような若い女性3人が踊り唄ったかと思うと、オペラのアリアを朗々と唄い上げる男女の歌手も。かと思うと一見組体操のように、だがもっと華麗&優雅に、曲芸(のように見える)を見せる女の子たち10人余り……。出るグループ、出るアーティストのどれもが、恐ろしくプロフェッショナルな芸を見せる。国際音楽祭というから、各地の選りすぐりなのだろう。
 
crimea_b.jpg
▲ヤルタの港の広場に建つレーニン像の前で。左=末永賢、中=シミズヒトシ、右=椎野礼仁

「恋のバカンス」で大合唱!

 日も落ちかかる頃、「さあいよいよ、日本から来たミュージシャンの登場!」と呼ばれて(多分)、まず尺八デュオの2人が舞台に上がった。浴衣に鉢巻。伝統の姿がぷんぷん! ステージ幅いっぱいの巨大モニターには、サイケデリックな彼らのオリジナル映像が流れ、尺八とバイオリンのスピーディな掛け合い。やってる音楽は現代そのものだった。
 30分の演奏が終わると、入れ替わって、ギター1本を携えたPANTAが登場。PANTAの楽曲は、題材にしている事柄が複雑で、歌詞が大事。そんなわけで、あらかじめ詞を送ってあった。だからロシア通訳が、まず歌詞の紹介をして、おもむろにPANTAが唄い出すというスタイル。セットリストは以下の通りだ。
 1. R★E★D
 2. BACK IN THE FEDERATION
 3. ナハトムジーク
 4. 7月のムスターファ
 5. 恋のバカンス
 6. さようなら世界夫人よ
 
 イラクのフセイン大統領の14歳の孫の最期を唄った「7月のムスターファ」の時も、歌詞が丁寧に伝えられていたためだろう、盛んな拍手と歓声が上がる。
 そして、思わぬ事態が起きたのが、「恋のバカンス」に入った時だ。1960年代に双子の姉妹、ザ・ピーナッツが大ヒットさせたこの曲。もちろん日本の歌だ。でも、でも、でも、PANTAがやり始めたら、聴いていたロシアの人々がみんな、PANTAのギターに合わせて唄い出した。あっちからこっちから、澎湃(ほうはい)と巻き起こるロシア語の「恋のバカンス」の大合唱。
 実はこの曲、ロシアでも大ヒットし、しかもその後、ロシアの歌手がアルバムを作る時にこぞってこの曲のカバーをしたため、すっかりスタンダードナンバーとして人々の間に定着した。
 PANTA、そこは心得たもので、曲の最後のほうのリフレイン「あーあー、こーいのよろこびにー」のところで一拍間を取って、ロシア人たちが慌てて歌を止めたところで、「ばらいろのつーきひをー」とまた合わせさせるという演出。曲が終わる。万雷の拍手。その中に、「アリガト、アリガト」という黄色い声が大きく聞こえた。振り返ってみると、3人のロシア娘が、私に向かって顔中ニコニコで手を振る。それまで、日本語の「アリガト、アリガト」という声は聞こえてこなかった。そこで気がついた。彼女たちは、遠方から来た日本人が、わざわざロシアの歌を唄ってくれたのだと思ったに違いない。だからお礼のサービスのつもりで、日本語で「アリガト」と叫んだ。
 後日、ロシア語通訳に聞いてみた。「ロシアの人は『恋のバカンス』はロシアの歌と思ってるんですね?」。通訳曰く「はい、そうです。日本人が『百万本のバラ』を日本の歌と思っているようにね」
 
 見ると聞くとは大違い。日本の外務省はクリミアを「渡航中止勧告」地域にしているが、ヤルタや軍港セベストポリ、空港のあるインフェローポリ等々、訪れた街々は明るくて開放的なリゾート地そのものだった。PANTAや尺八に群がるファン、報道陣も日本と変わらない。もちろん、たかだか1週間の訪問客に、そんなに多くのものが見えたはずはない。ただ、皮膚感覚がそうだったと、それ以上でもないが、それ以下でもない。
 まぁ、理屈抜きで、このドタバタ(いろいろあった!)訪問記を楽しんでほしい。
 
 
crimea_c.jpg
▲ステージ後ろの巨大モニターにはさまざまなCGが
 
文:椎野礼仁(編集者)

関連記事リンク(外部サイト)

スピッツ、全国ツアー開幕!「優しい感じのあの曲をやります」
CUBERS「もっとここで爆発させたいと思っております」東名阪TOUR FINAL大阪で幕を閉じる!
藤井フミヤ『君たちの青春時代を思い出しながら聴いてください!』ソロ初のライブハウス・ツアー開催!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftopの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧