MacBookやiPadと一体化させられるUSB-Cハブ「BoltHub Pro」は拡張性も十分!

access_time folderデジタル・IT
ポートがUSB-CのみのMacBookやiPadをフル活用するにはUSB-Cハブが必須だ。マイクロSDカードを読み込んだり、映像を出力したりするためのアダプターをいくつも持っているという人もいるだろう。

そうしたマストなアイテムを1つに集約したUSB-Cハブが「BoltHub Pro」。しかもMacBookやiPadと一体化させられるスリムデザインだ。

・スライドして設置

BoltHub ProはUSB 3.0ポート2つ、USB-C、3.5ミリオーディオジャック、HDMI、マイクロSDスロットを備える。なのでデジカメやマウス、その他ガジェットをつなげたり、ケーブルタイプのイヤホンで音楽を聴いたりといったことがこれ1つで可能になる。

使うには、MacBookやiPadの角にスライドさせるようにして設置し、BoltHub Proから伸びるケーブルを端末のポートにつなげると準備は完了だ。常に拡張性を確保できるので、あらゆる作業をシームレスに行える。

・60WのPD入力対応

また、BoltHub Proの売りは端末と一体化するようなコンパクトデザインであること。それから、60WのPD入力に対応するので端末を素早く充電できることだ。

映像を頻繁に扱う人にとっては、4K HD映像の出力に対応するのも嬉しい。もちろんUSB 3.0ポートを介してのデータ移送もできる。

MacBookやiPadを愛用している人は要チェックのBoltHub Proは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募っていて、今なら59ドル(約6500円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成し、12月13日まで受け付けたのち、来年1月にも発送が始まる見込みだ。

BoltHub Pro/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧