全地形をサーフィンみたいに乗りこなす!電動スケボ「YX ONE」は15%勾配もラクラク

access_time folderデジタル・IT

毎日の通勤、休日の自然の中でのライディングなど、あらゆるシーンで快適にライディングが楽しめる電動スケボ「YX ONE」が登場した

・ 究極の全地形対応型の電動スケボ

YX ONEはオフロードから砂浜、芝生まで走れる、究極の全地形対応型の電動スケボ。最高出力1500Wの電気モーターを備え、最高時速は40㎞、航続距離は60㎞だ。3つのパワーモードで15%の勾配もラクラク上れ、3時間の充電で80%充電できる。

コイルサスペンションとディスクブレーキを装備し、印象的な大きなワイドタイヤが、全地形における最高の乗り心地とコントロールを確保。ライダーは体重を前後に移動してボードを制御し、つま先とかかとで方向を決める。

ボードに接続されたハンドグリップとワイヤーで速度コントロールでき、安全性と快適な乗り心地とバランス、方向制御をサポートしてくれる。ライディング後は、折畳んでコントロールハンドルを使って引っ張ると、街中での持運びも簡単だ。重量は22kgで、ボードの長さは98cmとなっている。

・2020年夏に出荷予定

開発チームはプロトタイプのテストを完了し、2020年夏の出荷を予定している。

現在、Indiegogoでキャンペーンを行っており、価格は今なら992ユーロ(約11万9000円)から。日本での公道での走行は難しいと思われるが、日本への配達にも240ユーロ(約2万8900円)で対応している。

YX ONE/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧