ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • あなたはどれがお好き? 超高層ビルにしがみつくロック様にしがみつくご当地キャラ! ドアラのキレは健在です
  • デッドプールが『ガジェット通信』に再降臨! 俺ちゃんが“何度でも映画を観たくなる小ネタ”を解説
  • あなたも必ず騙される! 究極の“マインドファック・ムービー”『ピエロがお前を嘲笑う』
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』、シネマトグラファーのエマニュエル・ルベツキが初めてアカデミー賞にノミネートされた頃を振り返る
  • 【独占記事】映画『Captain Marvel(原題)』の監督に、アンナ・ボーデンとライアン・フレックを指名
  • メル・ギブソン監督、映画『ハクソー・リッジ』とハリウッドでの「サバイバル」について語る
  • 累計再生回数2億5千万回! 人気YouTuberがっちゃんが『GAMBA ガンバと仲間たち』で声優挑戦
  • 日常のやりとりが恐ろしい事件の幕開けだったとは……家庭内やご近所の犯罪を描いた『シンプル・フェイバー』
  • 『ラ・ラ・ランド』を観た藤崎マーケット・トキさん 「皆様は是非劇場にてラ・ラ・ラ・ライを」
  • 嗚咽をしながら練習……声優・田中理恵のプロ技術にKENNも驚愕 海外ドラマ『ヒューマンズ』インタビュー
  • ジェームズ・キャメロン監督、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は“ビジュアル・イマジネーションに欠けている”と厳しく評価
  • “オカルト否定派”学者は超常現象を解き明かせるか? 心霊検証ホラー『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』日本公開[ホラー通信]
  • 7月公開『劇場版 Free!』キービジュアル・特報映像・ムビチケ情報解禁!「その道は、世界へと続く」
  • 【今週公開のコワイ映画】2017/8/12号:『デス・レース2000年』『海底47m』、カリコレ2017『クロージング・ナイト』『ケージ・ダイブ』
  • 実写リメイク版映画『ライオン・キング』、ジョン・ファヴローが監督へ
  • ウクライナのレーニン像が『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーに変身

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

アルパカ牧場に行ったけど損した気分! 人気情報サイト『らばQ』記者が涙

oya-arupakano-yousuga

アルパカといえば、フワフワした毛並みとノンビリとした表情、そしてキュートでつぶらな瞳がカワイイ動物だ。日本でもアルパカを見ることができ、特に人気のあるアルパカ牧場は『那須アルパカ牧場』のようである。

テレビCMの「ミラバケッソ」でもお馴染みのアルパカたち。やっぱりフンワリふわふわのアルパカを求めていく観光客は多いはず。しかし、人気情報サイト『らばQ』の記者が休暇でアルパカ牧場に行ってみたところ、アルパカがいない……。どうしていないのか? いや、実際はワンサカいたのだが、毛が刈られていてアルパカに見えなかったのだ! つまり、ふわふわアルパカが、ショボーンアルパカになっていたのである

ふわふわアルパカを期待していた『らばQ』記者は、「うん、いや、仕方ないですよね、暑いですし。でも何か釈然としないのはなぜなんでしょう…」と、ショボーンアルパカを見てショボーンな状態に。ふわふわアルパカを見に行く時期は、ちょっと計画的に考えたほうがよいかもしれない。

しかし『那須アルパカ牧場』ではアート・パカという、ある儀かの毛を刈って芸術的な模様にするというオモシロいイベントを開催しているようだ。芸術的な模様に刈ったり、ケータイやパソコンのメールで使われるような顔文字のようなデザインに刈ったりして、観光客を楽しませているという。

重ねて言うが、ミラバケッソなアルパカがいるかどうか、今後はアルパカ牧場に問い合わせをしてから行ったほうがいいだろう。まあ、ふわふわしていないアルパカを見る機会も少ないので、幸運といえば幸運か?

写真: らばQ

■最近の注目記事
ファミ通『モンハン』発売1週間後にクロスレビュー掲載! 意味なしレビュー?
『ドラクエIX』で主人公を巨大化させて遊ぶ人が出現
広瀬香美が『Twitter』を「ヒウィッヒヒー」と命名! ネットで大批判を受ける
秋葉原ゲーム店スタッフがファミ通でファミ通批判「DQ9ありえないだろ!」
ネットで「皆既日食が見られなかったから返金して!」と息子の母が懇願

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき