【先ヨミ】ヒプノシスマイク最新作『Bad Ass Temple Funky Sounds』がアルバム首位独走 RADWIMPS/BEYOOOOONDSが拮抗中

access_time create folderエンタメ

【先ヨミ】ヒプノシスマイク最新作『Bad Ass Temple Funky Sounds』がアルバム首位独走 RADWIMPS/BEYOOOOONDSが拮抗中
 今週のCDアルバム売上レポートから2019年11月25日~11月27日の集計が明らかとなり、Bad Ass Templeの『Bad Ass Temple Funky Sounds』が69,339枚を売り上げて首位を走っている。

 本作は、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』シリーズの最新で、名古屋を拠点とする新チーム・Bad Ass Templeのデビュー・アルバムとなる。表題曲の「Bad Ass Temple Funky Sounds」はnobodyknows+が作詞作曲を手がけているほか、カップリング曲はDiggy-MO’、Leetspeak monstersらが楽曲提供をしている。同作は初動3日間で69,339枚を売り上げており、2位以下にダブルスコアの差をつけて1位を走っているため、週間チャートでの1位獲得も固いだろう。

 2位は、RADWIMPSの『天気の子 complete version』。本作には、「愛にできることはまだあるかい」や「グランドエスケープ feat.三浦透子」など、映画『天気の子』プロジェクトで制作された主題歌5曲のフルサイズ音源が初めて収録される。続いて、今年8月にメジャーデビューしたBEYOOOOONDSの1stアルバム『BEYOOOOOND1St』が3位を走行中。2位と3位の差は約1,600枚と僅差になっており、週間チャートでは順位変動があるのか注目だ。

 4位と5位には、ベスト・アルバムが並んでチャートイン。4位には、アニメ『ゾンビランドサガ』内のアイドルユニット・フランシュシュ、5位には、アルスマグナの初ベストが速報トップ5入りを果たした。

◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2019年11月25日~11月27日)
1位『Bad Ass Temple Funky Sounds』Bad Ass Temple(69,339枚)
2位『天気の子 complete version』RADWIMPS(22,923枚)
3位『BEYOOOOOND1St』BEYOOOOONDS(21,256枚)
4位『ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best』フランシュシュ(16,595枚)
5位『ARS THE BEST』アルスマグナ(10,126枚)

関連記事リンク(外部サイト)

<ライブレポート>ヒプノシスマイクが12人でのライブを大阪で初開催 2つの新ディビジョン誕生を発表した2デイズ・初日をフルレポート
ヒプノシスマイク、どついたれ本舗の『あゝオオサカdreamin’night』制作クレジット解禁
人気作『ヒプノシスマイク』が19年11月と20年春に舞台化決定

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧