ファミコンの”バグ”画面のアーカイブを試みる美術家・岡田舜による初個展開催!

access_time folderエンタメ
ファミコンの”バグ”画面のアーカイブを試みる美術家・岡田舜による初個展開催!

 
ファミコンの”バグ”画面のアーカイブを試みる美術家・岡田舜による初個展開催が2019年12月6日(金)- 12月22日(日)にTAV GALLERYで開催される。
 

飯盛希 / TAV GALLERYコメント

岡田舜は、主に “バグった” ファミコンの画面を描いている。普通、“バグ” というのは、プログラムの不具合など、論理的な瑕疵を指すが、岡田のモチーフは――たとえば、お母さんが掃除機がけをしていてゲーム機に接触するなど――物理的な “ショック” によって引き起こされる映像の不調である。それと同時に、悲しみとも恐れとも言われぬ感情を生じさせる美的なものとして “バグ” を捉えている。“バグった” ときに感じる精神的な “ショック” は一時的なもので持続しないが、その感覚を呼び覚ますために、“カセット半挿し” などの技巧で “バグ” を再現し、キャンバスに投影するのである。儚いイメージを絵画として固定するのは、単に懐古的なのではなく、アーカイブの概念と強く関係している。人々の記憶から失われつつある現象にアプローチする岡田の作品は、レトロゲームだけにとどまらず、ひいては私たちの享受している文化が後世まで保存されることの確証が揺らいでいる今日において、特別な意味をもっている。
 
 
9807d355-45bf-42b9-a776-adafbc175393.jpegda5b5424-bdd2-4ee5-8e9a-ea10931c7597.jpg

関連記事リンク(外部サイト)

奥田民生、TOWERコラボカフェが大好評すぎてテイクアウトドリンクのみの販売決定!
緊急開催決定! 「チャージマン研!」のジュラル星人が裏話や舞台の感想を話す「浜ロンのジュラルトーク」!
KOSライバー部、合同ファンイベント開催!今回のテーマはクリスマス!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftopの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧