北陸新幹線 新大阪駅は大深度地下 2面4線の可能性、鉄道・運輸機構イメージ

access_time folder生活・趣味


鉄道・運輸機構(鉄道建設・運輸施設整備支援機構)は、北陸新幹線 敦賀~新大阪 環境影響評価方法書で新大阪駅のイメージを公表。
北陸新幹線 新大阪駅は、高度に市街地化がすすむエリアに設置することから、現在の新大阪駅の地下につくる2面4線の地下駅で計画。東海道・山陽新幹線や在来線、地下鉄御堂筋線、タクシー・観光バスとの乗り継ぎを考慮したかたち。
大阪府内は、トンネル構造とし、大阪市とその周辺の都市トンネルは、可能な限り道路等公共用地の下の活用を考慮。必要に応じて「大深度地下の公共的使用に関する特別措置法」(平成12年法律第87号)の活用も検討していく。
主要な河川である淀川は、トンネルでできる限り短い距離で通過する。また上町断層や生駒断層帯は、できる限り短い距離で通過する。
北陸新幹線 敦賀~新大阪(約140km)は、敦賀駅を起点とし、新大阪駅を終点とする事業。
駅は、敦賀駅、新大阪駅のほか、小浜市(東小浜)附近、京都駅、京田辺市(松井山手)附近に設置する計画。
福井県内に2か所、京都府内に2か所、大阪府内に1か所、車両基地が1か所できる予定。
最高設計速度は260km/h、最小曲線半径は基本4,000m、最急勾配は基本15‰に。

鉄道チャンネル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

なにわ筋線からの車両も想定、うめきた(大阪)地下駅に世界初フルスクリーンホームドア
近江鉄道ワイン電車、ボージョレ・ヌーボー解禁日の11/21(木)から運行 6種類のワインが飲み放題
嵐電北野白梅町駅2020年3月リニューアル 駅とバス停を一体化

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧