【Inter BEE 2019】Aputureは白がキレイで色を自在に変えられるLEDライトAL-MCを展示

access_time folderデジタル・IT
【Inter BEE 2019】Aputureは白がキレイで色を自在に変えられるLEDライトAL-MCを展示

高品質なLEDライトをコストパフォーマンスの高い価格で提供することで、ビデオグラファーの間でも人気を集めている深セン・Aputure社のLEDライト。新製品はAmaranシリーズで自在に色相を変えられる小型LEDライトAL-MC(13,800円)。日本ではアガイ商事が販売代理店になっている。
この手の商品は他社からもたくさん発売になっているが、RGBWWで白の発色が強いのが特徴だという。BT2020の色域を95%再現できる。自社開発のアプリSidus Linkを使えば、色相・色温度・光量などを同時に100台までを制御でき、Bluetoothで30〜80m、独自のSidus Mesh Techを使用すれば最大400mからの遠隔操作にも対応できる。また、背面はマグネットになっており、金属に仕込みライトして設置することもできる。

専用アプリSidus Linkで色味を変更している様子。遅延もなくシームレスに色相の変更が可能。現在、iOS版がリリースされているが、iPad、Android版も近日中に公開予定だという。
 

スマホカメラで撮影した色を再現する機能も。
 

LEDを置くだけでワイヤレス充電に対応した専用ケースも用意。USB-Cを備えており、急速充電にも対応する他、スマホの充電などにも使える。4灯キット(63,000円)と12灯キット(190,000円)のセット商品として提供される。
 

近日発売の電球型LEDライト・Accent B5c(価格未定)。AL-MCと同様、RGBWW対応。スマホアプリで色相や色温度3200-6500Kを変更できる。演色性CRI95+。
 

IP68で水深10mまでの防水性能と4000Lux、6000Luxのブーストパワーも搭載。バッテリーはリチウムイオン電池を内蔵しており、最大出力で約80分の使用が可能。色温度は5600K固定。6種類のフィルターと収納ケースも付属する。
 

関連記事リンク(外部サイト)

【Inter BEE 2019】富士フイルムはラージフォーマット用シネレンズPremistaをはじめ、GFX100、X-T3などを展示
【Inter BEE 2019】ヴァイテックプロダクションソリューションズ、OConnorブランドのflowtech三脚を追加
【Inter BEE 2019】DVCブースではRONINと組み合わせたカーボンアームクレーンを展示

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
ビデオSALONの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧