オリンピック期間中のロンドンでダンスパフォーマンスを披露する“もう1つの日本代表” コカ・コーラ主催『My Beat Contest』入賞5組が決定!

access_time create folderエンタメ
オリンピック期間中のロンドンでダンスパフォーマンスを披露する“もう1組の日本代表” コカ・コーラ主催『My Beat Contest』入賞5組が決定!

5名1組のダンスチームが全国8か所の予選を経て、オリンピック開催中のロンドンでのパフォーマンスを目指して今年3月から行われていた『My Beat Contest』。入賞5組が、7月8日の16時からテレビ朝日系で放送された番組『目指せ!ロンドン ダンス日本代表決定戦』で発表されました。“もう1組の日本代表”とも言える5組はどのチームに決まったのでしょうか。ガジェット通信は6月24日に行われた決勝ステージの番組収録にお邪魔してきたので、結果を交えレポートをお届けします。

決勝に17組がエントリー

コンテストの主催は日本コカ・コーラ。ロンドンオリンピックのワールドワイド・パートナーとして、「MOVE TO THE BEAT」のコンセプトで各種のキャンペーンを実施する中、最も「BEAT」のコンセプトを体現しているとも言えるのがこの『My Beat Contest』です。決勝を勝ち抜いた5組は、ロンドンオリンピックのキャンペーンソング『HEART BEAT』を歌う加藤ミリヤさんとロンドンで共演するチャンスも獲得します。

決勝には、下記の17組がエントリーしました。いずれも各地の予選大会で「オリンピック感」「ビート感」「エンターテインメント性」「元気な笑顔」「チームワーク」の審査基準をクリアした実力派ぞろいです。

MAX OUT(関東代表)
そむちゃクラブ(九州代表)
PROGRESS(沖縄代表)
ギニュ~特戦隊(関東代表)
文文丸(近畿代表)
PINCYA(中国・四国代表)
NAUGHTY(近畿代表)
ろんどどんろんマン(関東代表)
G.T.L(中部代表)
KAKAMASASHI(北海道代表)
OMJ(中部代表)
Amaze(東北代表)
美姫(近畿代表)
LIMB Lamb5(関東代表)
MADROCKK(関東代表)
九州男児Jr.(九州代表)
TREASURE(近畿代表)

緊張のリハーサル

リハーサル風景

本番前のリハーサルは、出場者の緊張感が伝わってきましたが、どのチームも安定したパフォーマンスを見せ、決勝のレベルの高さがうかがえました。

リハーサル風景

ペンライトをパフォーマンスに取り入れたギニュ~特戦隊には照明が入念に調整され、タップダンスでパフォーマンスするろんどどんろんマンには、ステージのフロアにボードを設置する段取りをスタッフがチェックしています。

リハーサル後、番組の告知映像を収録する風景が1枚目の写真。個性豊かな総勢85名のダンサーがステージ上に勢ぞろいしました。

シビアなルールで競い合う決勝

いよいよ決勝大会の本番がスタート。決勝は数々のTVCMやミュージックビデオを手がけてきた振付稼業air:man杉谷一隆さん、元シンクロナイズドスイミング日本代表の武田美保さん、フィギュアスケーターの浅田舞さんと村上佳菜子さん、そして全国8か所で行われた予選のほとんどにも参加していたお笑いコンビ、フルーツポンチの村上健志さんの5人の審査員が100点満点でパフォーマンスを採点し、上位5組が上から得点順にひな壇に座っていきます。

パフォーマンスが順番に披露され、6組目からはその場で脱落するチームが決定。シビアなルールの中で進行していきます。

この決勝大会に先駆けて、ウェブ上では各チームのパフォーマンス動画が公開されており、ユーザーによる投票が行われていました。決勝で同点を獲得した場合、ウェブ投票の順位が上のチームが上位になるというルール。決勝ではウェブ投票の結果で順位が決まる場面が2回も見られました。

カラーの異なる5組が決定

そんな決勝を勝ち抜いたのは次の5チーム。決勝全チームで実力が伯仲する中、それぞれ個性が異なるユニークな顔ぶれとなりました。

九州男児Jr.

九州男児Jr.

98点を獲得。アクロバティックなブレイクダンスが持ち味で、世界大会出場のスキルを持つ日本屈指のチーム

美姫

美姫

94点を獲得。多彩な空中技を得意とし、4回の早着替えを取り入れたパフォーマンスを披露

ろんどどんろんマン

ろんどどんろんマン

93点を獲得。決勝進出組で唯一のタップダンスチームで、会場との掛け合いをパフォーマンスに採用

MADROCKK

MADROCKK

91点を獲得。最年長の大学生チームで、男らしいダイナミックなストリートダンスが持ち味

MAX OUT

MAX OUT

89点を獲得。ジャズダンスをバックグラウンドに持つ中、決勝ではフリースタイルなパフォーマンスを披露

以上5チームが“もう1つの日本代表”に決まりました。この25人でひとつのチームを結成。『UNIQLOCK』の振り付けで世界三大広告賞を受賞したair:man監修によるパフォーマンスをロンドンで披露することになります。ガジェット通信は引き続き、彼らのダンス合宿など今後の活動をレポートしていきますのでお楽しみに。

ロンドン行きが決まった5組

My Beat Contest
http://www.cocacola.jp/happy/cch/olympic/

access_time create folderエンタメ

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧