ベルリンのソウルフード「カリーヴルスト」食べ歩きランキング【ドイツ・ベルリン】

access_time create folder生活・趣味
ベルリンの「カリーヴルスト」を食べ比べてみた

「カリーヴルスト」とは?

ソーセージは揚げ焼きでこんがり
「Currywurst(カリーヴルスト)」は諸説ありますが、ベルリン生まれのB級グルメです(ハンブルク生まれという話もあります)。太めのソーセージをこんがり焼いて(揚げ焼きにするお店が多い)、食べやすくスライスしたものに、トマト味のソースとカレー風味のスパイシーなパウダーをかけていただきます。

ソースとパウダーはお店によって違います
お店によってソーセージやトマトソース、パウダーの味はオリジナルで作っていることも多く、ベルリンに暮らす人たちの間では「自分のお気に入りのお店」を持っている人も。シンプルなんだけどとにかくおいしい!一度ハマると抜けられない味なのです。

お店で出しているソーセージには「皮あり(mit Darm)」と「皮なし(ohne Darm)」があり、だいたい2ユーロ〜4.5ユーロくらいで食べられます。ここはいろんなお店の食べ比べしてカリーヴルスト好みの味を選んでみましょう!

それでは早速、ベルリンのカレーソーセージたちを紹介していきます!

Curry36

「Curry36」
ベルリンで「カリーヴルスト」の屋台と言えば「Curry36」は絶対に外せません!本店のメーリングダム店では、深夜にもかかわらず行列ができるほどの人気。そんな遅い時間でも食べたくなるのがカリーヴルストの罪深さなのです…。

「Curry36」の皮ありカリーヴルスト
筆者たちが訪れたのは、西側のベルリン動物園駅の目の前にある小さな屋台。日曜日の20時過ぎでしたが、お店の前には行列が。ここは支店ですが、さすがの人気です。カリーヴルストは、皮あり、皮なしがありますが、皮ありを注文しました。

ソースは濃いめでたっぷり
注文するとものすごい手早さでソーセージをスライスし、たっぷりのトマトソースとパウダーをかけてくれます。一口食べてみると、プチっと皮がはじけます。オリジナルのトマトソースとカレーパウダーをたっぷりつけると、得も言われぬおいしさです。もう1本食べたい!
Curry36 Bahnhof Zoo
住所:Hardenbergplatz 9, 10623 Berlin, Germany
電話番号:+40(30)31992992
営業時間:8:00〜5:00
HP:https://curry36.de/de/

Curry 61

1 2 3 4 5 6次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧