「ねないとおばけが来るといつもおびえていました」 「MOE」12月号の子供のころに読んだトラウマ絵本特集に共感

access_time create folder生活・趣味

絵本好きにはたまらない月刊誌「MOE(モエ)」をご存知でしょうか?

白泉社の月刊誌「MOE(モエ)」。萌えではありません、「MOE(モエ)」です。

11月2日に発売された12月号の特集は謎めいた作品が人々を魅了し続ける異色の絵本作家、エドワード・ゴーリー。さらに、付録はヒグチユウコ「ラブレター」ポストカードというファンにはたまらない特集号。ご紹介します。

「MOE(モエ)」12月号を読んでみた

「さんまいのおふだ」「ねないこ だれだ」記憶に刻まれたトラウマ絵本特集! 知ってる恐ろし絵本がズラリ

パラパラページをめくっていくと、「MOE」はほっこりした絵本の紹介だけじゃなかった……! トラウマ絵本特集がすごすぎます。

・「モチモチの木」
・「おしいれのぼうけん」
・「ねないこ だれだ」
・「ちびくろ・さんぼ」
・「モチモチの木」
・「三びきのやぎのがらがらどん」
・「ごんぎつね」

と、MOE読者にきいたという“子供の頃読んだ忘れられないトラウマ絵本”がズラリ!

「絵が怖かった。誘拐されるもと思っていた(すてきな 三人ぐみ)」「黄色の大きな目と、赤い笑った口、ねないとおばけが来るといつもおびえていました(ねないこだれだ)」トラウマ体験談も思わず、あるある……。と納得のコメントが並びます。

額装して飾りたくなる! 綴じ込み付録はヒグチユウコファン必見

ヒグチユウコさんファン必見の11月号綴じ込み付録は、細部まで丹念に描かれたヒグチユウコさんのポストカード。こちらはヒグチユウコさんの絵本「ラブレター」の1ページと同じイラスト。

ヒグチユウコの最新作『ラブレター』が11月1日発売

11月1日に発売されたヒグチユウコさんの最新作「ラブレター」は、少女、猫、たまご、うさぎ、夢…。32枚の美しい絵と、詩のようなことばで綴る詩画集のような小さな絵本。ページをめくると、夢の中に迷いこんだような幻想的な世界が広がっています。

深紅のスリーブケース入りで、贈り物にもぴったり。中ページには初回特典のステッカーも!

書籍詳細情報

「MOE 2019年12月号」
https://www.moe-web.jp/now/201912
2019年11月2日(土)発売

「ラブレター」
著者名: ヒグチユウコ
ISBNコード:9784592762614
シリーズ名:書籍(MOEのえほん)
定価:本体: 1300円+税
発売日:2019.11.1

access_time create folder生活・趣味

erini (エリーニ)

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧