【日本代表】上々デビュー古橋亨梧に森保監督も合格点「思い切って持ち味を発揮した」

access_time folderエンタメ
【日本代表】上々デビュー古橋亨梧に森保監督も合格点「思い切って持ち味を発揮した」

右サイドから切り崩してアクセントを加える。

[キリンC杯] 日本 1-4 ベネズエラ/2019年11月19日/パナソニックスタジアム吹田
 日本代表に初めて選出されたヴィッセル神戸のMF古橋亨梧が、キリンチャレンジカップのベネズエラ戦で後半開始から右MFでプレーし、国際Aマッチデビューを果たした。積極的な仕掛けから揺さぶりをかけて攻撃に変化をつけた。
 今回は古橋のほか、進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)、荒木隼人(サンフレッチェ広島)、オナイウ阿道(大分トリニータ)の4人が初めて招集され、他にも大島僚太(川崎フロンターレ)、井手口陽介、三浦弦太(いずれもガンバ大阪)らが久々の復帰を果たした。初招集組でデビューを果たしたのは古橋のみだった。
 日本の森保一監督は試合後の記者会見で古橋のパフォーマンスについて、次のように語った。
「彼が持っている攻撃の特長、攻守にわたってハードワークできるところは後半出してもらえたかなと思います。最後決め切れるチャンスもあったなか、そこを決め切る部分は、チームの中で上げていってもらえればと思います。非常に思い切ってプレーして、自分の特長を後半の45分で発揮してくれたと思います」
 そのように指揮官は合格点を与えていた。
 アグレッシブなプレーを貫いた古橋は「この経験をこれからに生かしていきたい」と前を向いた。
 FC岐阜からキャリアをスタートさせて昨季神戸に”ヘッドハント”されると、同時期に加入したアンドレアス・イニエスタのサポートを受けて飛躍。今季これまで28試合・9ゴール・9アシストと活躍。今回の代表初招集に、イニエスタからは「頑張ってこいよ!」とエールを受けたという。
 来月10日から18日まで韓国で開催されるE-1東アジア選手権でも招集される可能性が高い。さらには21日に天皇杯準決勝の清水エスパルス戦も控える。
 国際Aマッチデビューを果たし、第一歩を踏み出した。24歳の古橋が飛躍を遂げるのは、ここからだ。

[取材・文:塚越始]

関連記事リンク(外部サイト)

【鹿島】ACL決戦!内田篤人の出番は?「ここからが命。一番面白くて、一番難しくて、一番大事なところ」
久保建英がマジョルカ入り、メディカルチェック合格。1年の期限付き移籍へ
東京五輪U-22代表│バルサ安部が初招集!橋岡、齊藤、瀬古らU-20組が本格合流

access_time create folderエンタメ
local_offer
サカノワの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧