体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

jig.jp、位置情報ベースのAndroid向けリマインダーアプリ「Spotus」を公開

jig.jp、位置情報ベースのAndroid向けリマインダーアプリ「Spotus」を公開


位置情報をベースにしたリマインダーアプリ!
jig.jpは28日、時間ではなく位置情報をベースにしたAndroid向けリマインダーアプリ「Sportus」を公開したことを発表しています。料金は無料。

すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にて公開されており、ダウンロード・インストールして利用することができます。

Spotusはあらかじめ設定した情報を元に予定を通知するリマインダー機能を利用できるアプリで、従来は「時間」をベースにしているリマインダーが多かったのに対し、「位置情報」をベースにして活用できるアプリです。

利用方法としては、ユーザーがある場所にリマインドしたい内容を登録しておくと、そこに近づいた時にAndroid搭載スマートフォンがアラートなどで通知してくれるということになります。

例えば、「何時になるかわからないけど、帰り道に家の近くのコンビニでシャンプーを買うのを忘れないように」や「今度旅行に行く時は、新幹線から富士山を観るチャンスを逃さないように」といったようなケースで利用でき、毎日のちょっとした用事だけでなく、頻繁に行く機会がない場所でのリマインドにも便利に利用できるということです。

1spotus_map 2spotus_memo

また、タッチ操作を最大限に活用し、簡単に登録できるシンプルで使いやすいデザインを採用しており、まず、リマインドしたい場所を検索し、その場所をタップしたらメモを作成して登録するだけという簡単操作で利用できます。メモの作成は、テキスト入力だけでなく音声での登録も可能なので、パソコンを使っているときに横に置いてあるスマートフォンをちょっと操作して登録するといった使い方もできます。

3spotus_list spotus_voice

位置情報をベースにしているため、近づいたら……というのがどの範囲かというのも重要なポイントとなりますが、Spotusではオートフェンス機能にも対応しており、メモ作成時に表示されている地図の縮尺に合わせて通知範囲を自動で設定できるようになっています。もちろん、通知範囲を個別で指定することもでき、最小20mから最大2,000kmの範囲まで選択可能です。

4spotus_option_2 5spotus_time_2 6spotus_day_2

さらに、オプションで日時でのスケジュール設定にも対応しているので、場所と日時を組み合わせたリマインドメモを作成することもできます。

7spotus_range 8spotus_range_2000

バッテリー消費にも配慮されており、オートGPS機能によって現在地から登録場所までの距離に応じて位置を取得する間隔を自動的に制御してバッテリーの持ちを良くしているそうです。

記事執筆:S-MAX編集部

[Image] QRコード

アプリ名:Spotus(位置,メモ,リマインダー)
価格:無料
カテゴリ:アプリ > ライフスタイル
開発者:jig.jp co., ltd.
バージョン:1.0.0
ANDROID 要件:2.2 以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.jig.product.areareminder

btn_android

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Android端末向け・位置情報をベースとしたリマインダーアプリ『Spotus』の提供開始 | jig.jp
Spotus

(http://news.livedoor.com/article/detail/6701664/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。