体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!海外のスマートフォンを簡単に日本語化する方法【レビュー】

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!海外のスマートフォンを簡単に日本語化する方法【レビュー】


日本語化をしないとはじまらない!
グローバル市場では4月に発売されているが日本向けには発売されていないモデルとなる「HTC One V T320e」(以下、HTC One V)は、Android 4.0.3(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したミッドレンジクラスのHTC製スマートフォンだ。

これまでのレビュー記事
第1回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!写真で外観チェック【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第2回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!ソフトバンクの「HTC Desire X06HT」と比較した【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第3回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!多少もっさり?ベンチマークを計ってみた【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第4回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!初期設定の方法【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ

前回は初期設定の全工程をレビューしたが、5回目となる今回は言語表示の日本語化を紹介する。日本語表示をさせたいユーザーは、Wi-Fiの設定、Googleアカウントの設定の次にやらなければいけない作業となるだろう。初期設定同様、上位モデルの「HTC One S」や「HTC One X」にも適用できる操作となるので参考にしてほしい。

日本市場向けではない為、日本語には対応してないHTC One Vは、言語設定の画面において「Japanese(Japan)」の選択肢がないため、ユーザー側で日本語化する作業を行う必要がある。

日本語化する方法としては、HTC One Vをroot(ルート)化した後、日本語フォントを導入する方法と日本語化できるアプリをインストールして適用させる2通りの方法がある。

今回は誰でも簡単にできてしまう後者を紹介する。簡単ではあるが、完全な日本語化ではなく日本語化っぽいことができるアプリとなっている。

そのため、フォントはAndroid標準の「DroidSansFallback」フォントとなっており、日本語漢字表示の一部(今、版、誤など)が常用漢字以外の文字で表示されたり、機種によっては対応していない場合があったりするので、そうした注意点を覚えておく必要がある。

とは言え、日本語化と言っても特に問題ないほど、基本的にはどの画面でも日本語表示されるので、日本語表示を利用したい場合は今回紹介するアプリをまずはインストールしておこう。

Screenshot_2012-06-08-16-17-07

Google Playのトップ画面

Screenshot_2012-06-08-16-19-08

検索結果の画面
まずは、ホーム画面の「Play Shop」をタップしてGoogle Playにアクセスする。画面右上の虫眼鏡マークをタップして「morelocale2」と入力して検索する。HITしたアプリの「MoreLocale 2」をタップする。

Screenshot_2012-06-08-16-19-12

「Download」タップ

Screenshot_2012-06-08-16-19-53

インストール後アプリを開いた画面。「Japanese(Japan)」をタップ

Screenshot_2012-06-08-16-20-13

表示が全て日本語になれば終了

Screenshot_2012-06-08-16-20-24

Google Playの表示も日本語表示になっていることを確認

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。