体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キーワードは「Feel Logic」、ユーザーの立ち場に立った物づくりを──シャープが恒例の新製品説明会を実施【レポート】

キーワードは「Feel Logic」、ユーザーの立ち場に立った物づくりを──シャープが恒例の新製品説明会を実施【レポート】


シャープが新製品説明会を開催
シャープは18日、都内で「国内市場向け スマートフォン夏モデル 新製品説明会」を開催し、同社の通信システム事業本部 グローバル商品開発センター 副所長 兼 プロダクト企画部長の河内厳(コウチ イツキ)氏が、今夏モデルとして各キャリアから順次発売される予定の同社製スマートフォンを中心とした事業展開について説明を行った。

120618_sharp_02_960

河内氏はまず、国内向けに発売予定の今夏モデルはスマートフォンと従来型のケータイ・PHSを含め12機種あることを紹介。スマートフォンマーケットの変化や買い替えのタイミングであることを意識し「ユーザーの立場に立った物づくりを行っていく必要があると認識している」と述べた。

120618_sharp_03_960

今夏モデルについては、ユーザーの多様なニーズに応じた「ハイパフォーマンスライン」「スタンダードライン」「ベーシックライン」の3大ラインで展開していくのだという。

■コラボモデルから従来型のPHSまで幅広いラインナップ

120618_sharp_04_960 120618_sharp_05_960

ハイパフォーマンスラインにおいては、NTTドコモ向けの「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」「AQUOS PHONE sv SH-10D」、au向けの「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」、ソフトバンクモバイル向けの「AQUOS PHONE Xx 106SH」の4機種となっており、ハード面での新技術としては大きく4つ「S-CGシリコン液晶システム」「画像調整技術SVエンジン3」「ProPixエンジン×裏面照射CMOSセンサーカメラ」「最新SoC SnapDragonS4」が搭載されていることを解説。

この中で、S-CGシリコン液晶システムは、液晶モジュールの中にメモリを搭載し、消費電力をコントロールすることで、美しい表示に加えこれまでの液晶ディスプレイよりも省エネ効果を実現しているのだという。

120618_sharp_06_960 120618_sharp_07_960

スタンダードラインはNTTドコモ向けの「AQUOS PHONE st SH-07D」、au向けの「AQUOS PHONE SL IS15SH」、ソフトバンクモバイル向けの「PANTONE 5 107SH」の3モデル、ベーシックラインは従来型のケータイに加えウィルコム向けのPHS端末「WX01SH」を加えた3モデルとなっている。

ウィルコム向け端末は、シャープとしては過去にWindows Mobileを搭載したスマートフォン「W-ZERO3」シリーズを供給していたが、従来型の折りたたみタイプのPHSは初めてとなる。河内氏は「スマートフォン普及につれPHSを持つユーザーが増えてきているのでこのタイミングでPHSも開発した」と説明。

さらに、今夏モデルとしてはau向けの「AQUOS PHONE CL IS17SH」とNTTドコモ向けに開発した映画「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」とのコラボモデル「SH-06D NERV」を含め全12機種となる。

■グローバル市場参入を見据えたFeel Logic

120618_sharp_08_960

120618_sharp_09_960

そして、今夏モデルの主にスマートフォンについて「Feel Logic」と名付けられた共通開発思想について解説。Feel Logicには、誰にでも直感的に操作できる「Feel Operation」、匠の技のようにきめ細やかな技術で快適さを提供する「Feel Meister」、新しい体験を次つぎと簡単に楽しめる「Feel Creation」の3つを元に構築された開発思想だという。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。