ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2012年6月10〜23日編】


2012年6月10~23日に紹介したオススメ「iPhoneアプリ」!
また1週開いてしまいましたが、その間にAppleが開発者向けイベント「WWDC 29012」を開催し、モバイル向けプラットフォームの次期バージョン「iOS 6」を発表しました。これまでAndroidに劣っていたなと思われたアプリ間連携やWebブラウザの機能強化など、現在、iPhoneだとちょっとと思っている人でももしかしたら使えるような内容が多数含まれていました。一方で多機能化する中、徐々に使いやすさ、シンプルさも失ってきており、その辺りも気になるところであります。

なにはともあれ、製品版は秋に提供予定で、その頃には新しいiPhoneも発表されるかもしれませんので、非常に楽しみです。

そんなわけで、今週もiPhoneアプリ特集をお送りします。オススメなApp Storeからダウンロードできる中で当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でここ1週間に紹介したアプリを一気に見ていきましょう!

写真選びに便利!シンプルな2画面画像ビュワー「TwinViewer」
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2012年6月10〜23日編】iPhoneで撮影した写真や、iPadに取り込んだ写真をプリントしたりブログやSNSにアップしたりする際に、数ある写真からベストショットを選択するのは結構大変です。サムネイルでは見落としてしまうような写真も、2枚の写真同時表示可能な「TwinViewer」なら写真選びが捗ります。

プレゼントに必要不可欠なラッピングをマスターしよう♪「Wrapping abc」
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2012年6月10〜23日編】大切な人へのプレゼントを印象深いラッピングでプレゼントしたくないですか?「Wrapping abc」は大正10年創立のリボン業界の老舗「東京リボン」が簡単、綺麗なリボンの結び方やボトル、かごなどのギフト用ラッピングの方法を分かりやすいイラスト付きで紹介しているアプリです。お店で綺麗にラッピングしてもらったものでもいいとは思いますが、いろんな包装紙を使って思いを込めてラッピングしてプレゼントするとさらに相手に気持ちが伝わると思います。プレゼントをあげるときに自分でラッピングしてみるのもいいかもしれませんね♪では、早速、紹介していきたいと思います。

殿方には夢のようなゲーム!?よいではないかよいではないかとクルクルまわして遊べる「悪代官のご遊戯」
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2012年6月10〜23日編】お代官様が「よいではないか、よいではないか~」と女中の帯を持って「あ~れ~」とクルクルと引っ張るシーンは結構有名ですよね。クルクル引っ張るものはなにも帯だけじゃない!というコンセプトなのが、今回紹介するiPhone向けアプリ「悪代官のご遊戯」です!画面の指示に従ってひたすらスワイプをするミニゲームになっています。では、早速、紹介していきたいと思います。

二画面の便利さを450円で!「iDisplay」でiPadをパソコンのセカンドディスプレイ化
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2012年6月10〜23日編】2012年秋に登場予定となっているiOS6ですが、残念なことに初代iPadがアップデート対象デバイスから外されてしまいました。もうすぐ発売から2年になりますが、初代iPadはまだまだ十分使えるタブレット端末です。そこで今回は、初代iPadを便利に活用するアイディアとしてWi-Fi接続でパソコンの外部モニターにできる「iDisplay」を紹介したいと思います。もちろん、iPhoneやiPad2や新しいiPadでも使えます。

大画面スマホ時代はデジタル・ドクショが一気に快適に!大幅リニューアルで使える便利すぎる機能満載の電子書籍ストア「BookLive!」
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2012年6月10〜23日編】急速に普及しているスマートフォンやタブレットですが、最近では4インチ後半から5インチを超える大画面ながら軽量なスマートフォンや、新iPadのような高解像度で表示が非常にきれいなタブレットが増えてきました。大画面を搭載するスマートフォンやタブレットは手軽に持ち歩けるだけでなく、大きな表示画面で電子書籍の閲覧に適しています。これらのスマートフォンやタブレットを活用すれば、いつでもどこでも手軽にデジタル・ドクショが簡単に快適に楽しめるようになってきました。通勤や通学などのちょっとした空き時間に文庫本や雑誌をカバンから取り出すのではなく、スマートフォンを取り出して読みたいときに読みたいものをサッと読むことができるのが魅力です。 特にスマートフォンの大画面化は、めざましく進んでおり、中でも今年は4月に5.3インチという大画面を搭載した「GALAXY Note SC-05D」が発売され、さらに先日発表されたばかりの夏モデルにも5インチサイズで画面の縦横比が文庫本などと同じ4:3のディスプレイを搭載した「Optimus Vu L-06D」がラインナップされるというように、より電子書籍が身近に楽しめる環境が揃ってきています。また、スマートフォンやタブレットが普及してきたことで、ネットワーク上にデータを保存して常に多くの最新データを利用できるクラウドサービスが一気に広がってきており、書籍や音楽、動画などのさまざまなコンテンツをネット上から好きなときに閲覧できる時代が到来しています。そんなクラウドを活用した電子書籍サービスのひとつが「BookLive!」です。新刊や話題の書籍、マンガ、雑誌、写真集など60,000タイトル80,000冊以上の豊富な品揃えを誇り、国内最大級の電子書籍ストアである「BookLive!」は、購入した書籍をクラウド上で管理することで収納場所にも困らない非常に便利なサービスとなっています。マルチプラットフォームとクラウドに対応しているので、iPhoneやAndroidスマートフォンやタブレット、パソコンなど最大3台の端末で手軽に読書をすることができます。外出先ではスマートフォンやタブレット、自宅ではパソコンなどといった自由な使い方もできるところも嬉しいポイントです。さらに端末間での同期設定をすることで書籍情報やしおりなどを同期することができるので、外出先ではiPhoneで途中まで読み、自宅ではiPadで続きから読むといったように便利に使うことができます。今回、BookLive!アプリがバージョンアップして、さらに使いやすくデザインが変わっただけでなく、「新刊・続巻通知機能」、「しおりや追加本棚のクラウド同期機能」、「書籍閲覧時の文字間・余白設定機能」、「本棚切替フリック対応」、「ストア検索機能向上」の5つの機能がパワーアップしたということなので紹介してみたいと思います。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。