全ての冒険と物語、決断は己の意志がままに。フリーシナリオRPG『ARTIFACT ADVENTURE 外伝DX』

access_time folderゲーム

3年後、”厄災”が襲い来ることが予期された世界。

「レグルス王国」の王は過去、厄災に襲われた村に暮らしながら、奇跡的に命を取り留めた主人公(あなた)に対し、3年後に向けた準備……国内で起きている問題への対応を命じる。

それを受けた主人公は冒険の旅へと出るが、行く先々で世界の運命を決定付ける選択に迫られることになる。誰に協力し、何を伝え、そして……無視するのか。

全ては己の意志次第。
aa_gaiden_dx_01

『ARTIFACT ADVENTURE 外伝DX』は、2018年1月9日にPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で販売されたWindows PC用フリーシナリオロールプレイングゲーム(RPG)『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』のリメイク兼パワーアップ版。

2019年6月6日より、株式会社room6よりNintendo Switch用ダウンロードソフトとしてリリースされた。

また、約1ヶ月半後の7月31日には、SteamにてWindows PC版もリリース。こちらの販売はオリジナルの『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』に引き続き、PLAYISMが担当している。

ゲームボーイカラー版『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』

基本的な内容はオリジナル『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』と共通。フリーシナリオ形式を採用したトップビュー(見下ろし)視点で展開されるRPGで、3年後に襲い来る”厄災”に備えるため、舞台となる世界の様々な土地や町、迷宮などを自由に巡り、時に魔物とも戦いながら問題解決(クエストの攻略)に当たっていくというものである。

紹介が前後したが、『ARTIFACT ADVENTURE 外伝』は2013年リリースの『ARTIFACT ADVENTURE』の続編として制作された作品。前作はファミリーコンピュータ(ファミコン)を強く意識したグラフィック、昔ながらのターン制によるコマンド選択型バトルのほか、クエストごとに用意された膨大な選択肢によって紡がれるフリーシナリオ構成、70以上のシーンから成るエンディングを大きな特色としていた。

続く外伝はフリーシナリオ(世界を自由に歩き回り、発生するクエストを攻略していく構成)こそ前作から踏襲するも、システム周りを大きく一新。具体的には戦闘が横スクロールのアクションゲームスタイルへと改められた。ただし、基本操作は移動とジャンプのみに特化しており、攻撃は敵に直接ぶつかればいい簡易方式。同ジャンルに苦手意識のあるプレイヤーにも優しい作りになっている。

さらにグラフィックも、1989年に発売された任天堂の携帯ゲーム機『ゲームボーイ』を意識したモノクロ調に。同じく外伝の名を冠し、ゲームボーイ用ソフトとして発売された『聖剣伝説 ~ファイナルファンタジー外伝~』、『魔神英雄伝ワタル外伝』を思い起こすような、全く新しい『ARTIFACT ADVENTURE』としてお披露目されたのだった。
aa_gaiden_dx_02

ちなみに制作の過程で、本作の需要を見極める目的でのクラウドファンディングも実施され、成功を収めている。その出資者に関してはゲーム中にメッセージやアイテムと言った形で登場している。さりげなく、当もぐらゲームスの関係者も名を連ねていたりするので、興味があればチェックしてみていただきたい。

話題が逸れたが、本作はそんな作品にデラックスの名が付けられたものだ。どの辺がデラックスになっているのかは、ここまでのスクリーンショットの通りである。グラフィックのフルカラー化だ。
aa_gaiden_dx_03

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧