ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

歩りえこ、「エガオノオト」コラボ展開催!Huluドラマ化の次なる目標は…!?

11月2日(土)、万博記念公園EXPO’70パビリオンにて、「1970年大阪万博 ビフォーアフター展」及び、1970年大阪万博『世界を支える無名の人々』&歩りえこ『世界エガオノオト』コラボレーション企画「『20世紀×21世紀の世界を支える人々』展」の内覧会が行なわれ、11月2日(土)の開催初日には歩りえこが来場し、取材に応じました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「1970年大阪万博 ビフォーアフター展」では、1970年に開催された大阪万博のパビリオンや展示物のうち、現存するものを写真で紹介するとともに、その一部を実際に展示。大阪万博の“ビフォーアフター”が楽しめます。

『世界を支える無名の人々』は、1970年の大阪万博にて開催した展示。様々な人々の日常や暮らしの様子を捉えた4万枚にも及ぶ写真の中から、選抜してお届けする写真展です。

そして、バックパック一つで世界94か国を一人旅したタレント・旅作家の歩りえこが、年齢や国籍が違う様々な人々の“エガオ”に寄せる思いを集積したのが、写真展『エガオノオト』。

「『20世紀×21世紀世界を支える人々』展」はこの2つのコラボであり、20世紀と21世紀、それぞれの世界を支える市井の人々の暮らし、笑顔、生活がダイレクトに伝わる企画となっています。

 

当時のレアな展示物がずらり

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「1970年大阪万博 ビフォーアフター展」では、日本館を始め、各国のパビリオンで実際に展示されていた貴重な代物が並べられています。それぞれの国の特色が感じられる展示物は見どころいっぱい。伝統や文化を伝えるものから、当時の最新技術を使ったもの、さらに未来を感じさせるものなど、幅広いジャンルの展示物を見ることが可能です。

20世紀と21世紀、世界の人々のありのままの姿を

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「1970年大阪万博『世界を支える無名の人々』」に展示された作品は、世界60か国から、プロ・アマチュアを問わず集められたもの。当時の人々の表情や生活が切り取られた貴重な写真が並びます。

また、「歩りえこ『世界のエガオノオト』」では、歩りえこが19年間にわたって世界94か国で撮影した人々の“エガオ”がずらり。日常にある、生き生きとした笑顔をそのままプリントしたような作品が数多く展示されています。

ふとした瞬間の笑顔を切り取った作品です

ラフマガでは、開催初日を訪れた歩りえこに、今回のコラボイベントについて話を聞きました。

1 2次のページ
ラフ&ピースニュースマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき