ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ONE】内藤のび太、王座戦線見える2連勝

【ONE】内藤のび太、王座戦線見える2連勝
パウンドで攻勢を印象付けた内藤(上)が勝利

ONE Championship
『ONE:MASTERS OF FATE』
2019年11月8日(金・現地時間)フィリピン・マニラ モール・オブ・アジア・アリーナ
Photo by OneChampionship
▼ストロー級
◯内藤のび太(パラエストラ松戸)
判定3-0
●ポンシリ・ミートサティート(タイ)
 3月にTKO負けを喫した内藤だが、前戦となる5月のアレックス・シウバ戦では競り勝って判定勝ち。今回は王座戦線へ再び戻るべく10勝3敗のタイ人ファイター、ポンシリと対戦する。
 初回、内藤は前後左右とステップを踏み、低いタックルでポンシリの右足に組みくと、そこから立ち上がって腰に上がる。そして押し倒してテイクダウンするとポンシリはクローズガード。パウンドを打つ内藤だが、ポンシリが足で蹴り離して立ち上がる。しかしすぐに組みついた内藤は再びポンシリをテイクダウン。ポンシリが立ち上がらんとするところで初回終了のゴングとなる。
 2R、内藤は右パンチのモーションからタックルに入り、ポンシリに組みつくとそのままテイクダウン。ポンシリはこのラウンドもクローズガードから内藤を蹴り離して立ち上がる。だが、内藤もすぐに組みつきグラウンドへ戻す。内藤は片足をまたいでハーフガードに進め、さらにマウントポジションへ。そしてコツコツとパンチを振り落とす。ポンシリが起きてくる動きに合わせ腕十字を仕掛けた内藤だが、これはポンシリが脱出。ポンシリがグラウンドの内藤に蹴りを飛ばすが、内藤は素早く起きて蹴り足を掴みテイクダウン。再びマウントポジションを奪い、2Rを終える。
 3R、タックルに出る内藤だがポンシリに切られて押し戻される。スタンドに徹したいポンシリに内藤は再度タックルに出るが受け止められ顔にヒザをもらう。しかし内藤はポンシリの右足に絡みつき、この足を引き抜こうとしたポンシリについていきテイクダウン。サイドポジションにつく。ポンシリはグラウンドから立ち上がらんとするが、内藤はそこを逆にバックを狙う。そして再び押し潰してマウントへ。そしてパンチをコツコツと打ち込み攻勢を印象づける。
 判定は3-0で内藤。5月に続き2連勝とした。
※全試合結果はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【ONE】20年4月5日に日本大会を開催、20年上半期スケジュール発表
【ONE】10.13両国のリングガールズは韓国美女「日本女性にも挑戦してほしい」
【ONE・2部】全試合結果=2019年10月13日

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき