ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

<ライブレポート>スペシャの音楽番組『LIVE YEAH!!!』がライブ・イベント開催 KREVAやTHE RAMPAGEら登場

<ライブレポート>スペシャの音楽番組『LIVE YEAH!!!』がライブ・イベント開催 KREVAやTHE RAMPAGEら登場

 2019年10月28日、スペースシャワーTVで放送中の番組『ライブを100倍楽しむLIVE YEAH!!!』のライブ・イベント【LIVE YEAH!!! vol.1】が神奈川・パシフィコ横浜で開催された。イベントのMCは、番組でもお馴染みの福田充徳(チュートリアル)とTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)の陣とRIKUが担当。ライブ・アクトには、THE RAMPAGEのほか、まるりとりゅうが、SPiCYSOL、そして今年の【SWEET LOVE SHOWER】で陣とRIKUが直接出演交渉をしたKREVAが登場した。

その他ライブ画像

 トップバッターを務めたのは、4人組バンドSPiCYSOLだ。8月リリースのEPから「Traffic Jam」を披露して幕を開けたステージ。サーフ・ミュージックとシティ・ロックが融合した心地よいサウンドで観客を引き込んでいった。「親友に感謝を込めて作った曲」とKENNY(Vo,Gt)が紹介した「Coral」では、ゲスト・ボーカルとしてRIKUが参加。リハーサル前日にカラオケで練習したことを明かしながら、「やばいっす! 足が震えてます…」と緊張した様子で登場したRIKUだったが、持前のハイトーン・ボイスでKENNYの甘いヴォーカルと見事なハーモニーを作り上げ、オーディエンスを圧倒した。

 ピースフルなアクトでイベントのオープニングを飾ったSPiCYSOLに続いて登場したのは、若者から絶大な人気を誇る男女デュオ、まるりとりゅうがだ。切ない失恋ソング「気まぐれな時雨」からしっとりと幕を開けた2人のステージだったが、「君と見たい景色」では会場中をクラップで盛り上げ、ウェディング・ソング「はじまりの唄」は初めてピアノ伴奏のみで披露。様々な演出でイベントを盛り上げていった。そして最後は、9月にリリースしたミニアルバム『お見知りおきを』のリード曲「わけじゃない」をパフォーマンス。圧倒的な歌唱力を余すことなく発揮し、心に刺さる恋愛ソングの数々を届けた

 「パーティはIZUKO? ~2019 Ver.~」でKREVAのパーティーがスタートした。ライブ初っ端からコール&レスポンスを試みつつ、 “日本で一番上手いラッパー”と自己紹介。「基準~2019 Ver.~」「無煙狼煙」と最新アルバムからの楽曲を織り交ぜながら畳み掛け、続く「Na Na Na ~2019 Ver.~」ではシングアロングでフロアを自分のペースに引き込んでいった。「このまま敵がいない国を作りたいと思います」と「敵がいない国」を披露すれば、オーディエンスは身体を気持ちよさそうに揺らす。「さっきちょっとステージで歌っちゃった子いたけど…」とまるりがMC中に「音色」を一節歌唱したことに触れ、「嬉しい気持ちもあり、負けないぞ!という気持ちで、最後はこの会場でしか奏でられない音色を奏でたい」と「音色~2019 Ver.~」を最後に披露。観客の心をグッと掴んで自身のアクトを締めくくった。

 そしてこの日、トリを飾ったのはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEだ。ライブは、映画【HiGH&LOW THE WORST】劇中歌としても話題の「SWAG & PRIDE」からスタート。続く「The Typhoon Eye」「Fandango」「LA FIESTA」といった人気ナンバーのメドレーでは、早くも会場のボルテージが最高潮に。一方で、10月30日リリースの2ndアルバム『THE RIOT』のリード曲「Move the World」を初披露したのち、「All day」「WELCOME 2 PARADISE」ではチルな空気で会場を包み込む。そして再び会場を熱狂に導くべく、メンバー16人が1列に並ぶフォーメーション・ダンスを披露した「ELEVATION」から「次はこの曲で1つになりましょう!」と「DOWN BY LAW」へ。オーディエンスの興奮も冷めやまないまま、「Dream On」からの「Shangri-La」では会場中がタオルを回し、この【LIVE YEAH!!! vol.1】はフィナーレを迎えたのだった。

 なお、この日のライブの模様は、11月29日22時からスペースシャワーTVで放送予定となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

THE RAMPAGE、アルバム『THE RIOT』最新ティザー映像&TikTokアカウントを公開
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、5大都市で限定イベントを開催
THE RAMPAGEが5年の時を経て思い出のステージに登場、5周年の記念日をお祝いするフリーライブを開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき