ドラッグシュート装備のノルウェー空軍F-35A 初度作戦能力を獲得

access_time create folderエンタメ
ドラッグシュート装備のノルウェー空軍F-35A 初度作戦能力を獲得

 ノルウェー空軍は2019年11月6日(現地時間)、F-35Aが初度作戦能力(IOC)を獲得したと発表しました。南部のリュッゲ基地でイェンセン国防相、スキナーランド参謀長が会見し、部隊が現在のオーランド基地からリュッゲに移ることも発表しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ノルウェーに最初のF-35Aが到着したのは2017年11月。2019年10月末現在で15機のF-35Aを受領しており、オーランド基地の第332飛行隊で運用されています。


 冬の寒さが厳しく、滑走路が凍結することもあるノルウェー。このためノルウェー仕様のF-35Aには、凍結滑走路へ着陸する際の制動力を確保するため、ドラッグシュート(制動用パラシュート)がオプション装備されているのが特徴です。

 オーランド基地での記者会見でイェンセン国防相は「これは軍全体にとって重要な日となりました。F-35が国家の危機を解決し、ノルウェーの主権を侵す脅威に対する抑止力となることを意味するのです」と、国土防衛にF-35が果たす役割を述べています。


 この初度作戦能力獲得を前に、ノルウェー空軍のF-35Aパイロットは海外での国際共同訓練にも参加しています。2019年3月から4月にかけては、アメリカのネリス空軍基地で実施された「レッドフラッグ・ネバダ」に初参加。普段とは正反対の砂漠地帯で訓練を行ないました。


 また、実戦化に向けた試験も並行して行なっています。2019年3月には中距離空対空ミサイルAIM-120AMRAAMの発射試験、秋には赤外線誘導ミサイルから逃れるための装備、フレアの試験を実施しました。


 今後、F-35Aを運用する第332飛行隊は、現在のオーランド基地から南部のリュッゲ基地に移動します。2020年の第1四半期には、NATOのアイスランド防空任務へ派遣される予定。


 ノルウェー空軍では、2022年にもF-35Aを現在のF-16に代わり、スクランブル対応任務(クイック・リアクション・アラート=QRA)に就かせると発表しています。F-35Aの完全作戦能力獲得(FOC)は2025年になる見込みです。

<出典・引用>
ノルウェー空軍 プレスリリース
Image:ノルウェー空軍

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

NASA 未開封だったアポロ17号の月面サンプルをついに開封
イスラエルでドイツも参加する恒例の国際共同訓練「ブルーフラッグ」始まる
ボーイングの有人宇宙船「スターライナー」緊急脱出装置の試験成功

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧