ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

さかいゆう、12/16「SAKAIのJYU 〜Again〜」開催決定

さかいゆう、12/16「SAKAIのJYU 〜Again〜」開催決定

今年10月に迎えたデビュー10周年を記念し、10月13日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂で自身プロデュースの野外イベント「さかいゆう10th Anniversary Special Live “SAKAIのJYU”」を盛況に終えたさかいゆう。

しかしながら前日の悪天候の影響で、残念ながら会場へ足を運べなかったファンの姿も多く見られたため、急遽追加公演の開催が決定。その名も「SAKAIのJYU 〜Again〜」が12月16日(月)に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催されることが発表された。

10月の“SAKAIのJYU”は3部構成で10名のゲストも参加するなど趣向を凝らした賑やかなイベント内容となったが、今回はゲストの参加は予定されておらず、シンプルな構成でさかいゆうのワンマンライヴを堪能できそうだ。
イベント開催の発表と同時に、さかいゆうオフィシャルHP先行の受付もスタート。この先行抽選は、10月の“SAKAIのJYU”公演チケットの払い戻しをした方が優先的に当選する。
“SAKAIのJYU”に残念ながら足を運べなかった方はもちろん、もう一度さかいゆうのパフォーマンスを堪能したいという方も、ぜひこの機会を逃さずチェックしてほしい。

また、デビュー10周年を記念し行っている連続配信の、第6弾となる新曲「孤独の天才 (So What) feat. Terrace Martin」が、本日11月8日(金)より配信リリースとなった。

今年に入り、Los Angeles、London、New York…と世界中を旅し、レコーディングを重ねているさかいゆう。
現地のレジェンドとレコーディングを⾏なっている旅の最中だが、今作はさかい自身が最も敬愛する“孤独の天才”マイルス・デイビスを想い書き上げた楽曲。Rim Shot(※)のアクセントが特徴的なリズムから始まり、マイルスの代表曲 “So What”のカバーを冒頭に取り入れた。
誠実に表現と向き合い、孤独である事を覚悟する様は、天才マイルスのみならず、現代人にも共感できる部分があるはずだ。Brooklyn(NY)でのこのセッションは、普段LAを拠点に活動している世界的SaxプレイヤーでありプロデューサーのTerrace Martinが、Herbie Hancockのツアーで東海岸に滞在しているタイミングに合わせてセッティングされ、同様にHerbie Hancock のツアーメンバーでBrecker Brothers、Robben Fordのセッションなどで有名なNYのトップベーシストJames Genus、ポルトガル出身のマルチ楽器奏者Louis Cato(ex. Snarky Puppy)がドラムで参加し、まさにNYでしか実現できない音源となった。

さかいゆうの10周年はまだ始まったばかり。11月24日にはブラジルのサンパウロでLIVEを行うことも発表しており、ますます活動の幅を広げているさかいゆう。今後の活躍からも目が離せない。 (内)

※ Rim Shot(1997年Erykah Badu 「Live」収録) へのアンサー

[さかいゆうコメント]
“孤独”という言葉は悪い意味で捉えられがち。
僕は“必要孤独”という造語を作りたいくらい“孤独”は大切な事だと思ってます。
自分が敬愛する人々には一様にこの“必要孤独”がある気がします。
タイトルにも入っている「So What」の作者Miles Davisもその一人。

作詞は売野雅勇さんにお願いし、入念に意思を通わせ打ち合わせをし作り上げました。
レコーディングはBrooklyn(NY)で、僕が長年敬愛してやまない、世界で唯一無二の自分だけの音を持つ超一流のミュージシャン達とのスペシャルなセッションが叶いました。
ほんの3回くらいのセッションの中で、リラックスしてお互いの演奏を感じながらも、緊張感も入り混り、不思議なことに誰かに守られている気分にもなりました。
みんながコネクトしながらも孤独を描くというパラドックスなセッション。
しっかり、届く人に届いてほしい。

【配信リリース】

さかいゆう、12/16「SAKAIのJYU 〜Again〜」開催決定

デビュー10周年記念連続配信第6弾
「孤独の天才 (So What) feat. Terrace Martin」

OTOTOY配信中
https://ototoy.jp/_/default/p/461247

他サービス
https://umj.lnk.to/Lonliness_Is_Not_Always_Bad_Thing

【イベント情報】
さかいゆう 『SAKAIのJYU ~Again~』
2019年12月16日(月) EX THEATER ROPPONGI
OPEN/START : 19:00/20:00
料金:全席指定 ¥5,500(税込、ドリンク別)
一般発売日:11月24日(日)

▼オフィシャルHP先行:11/4 18:00-11/17 23:59
https://eplus.jp/sf/detail/0332760001-P0030098?P6=001&P1=0402&P59=1
問合せ:ソーゴー 03-3405-9999

※上記先行予約は、10/13 日比谷野外音楽堂公演を払戻した方を、優先的に当選させて頂きます。
 座席は、全申込みからの抽選とさせて頂きます。
※ゲスト・JAMNUTSの出演は予定しておりません。

※小学生以上有料。未就学児童のご入場は同行の保護者の方の座席の範囲内で、周りのお客様のご迷惑にならないようにご覧いただくことを大前提とさせていただきます。

【LINK】
●さかいゆう Official HP http://www.office-augusta.com/sakaiyu/
●さかいゆう Official Twitter https://twitter.com/Sakai_Official
●さかいゆう Official Instagram https://www.instagram.com/sakai_yu0920/
●さかいゆう Official Facebook https://ja-jp.facebook.com/YuSakaiOfficial/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき