ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

チキンの部位を自由に選べるって最高かよ! KFCをブッフェスタイルで楽しめるレストラン

ケンタッキーフライドチキン(KFC)通の皆さんであれば、ドラム派、リブ派など、誰しも「オリジナルチキン」の推し部位があることでしょう。基本的には部位指定が不可となっているKFCなのですが、このたびKFCファンの夢を叶えてくれる聖地が関東エリアにオープンします。

関東エリアで唯一のKFC Restaurantオープン

田園都市線・南町田グランベリーパーク駅直結の大型商業施設「グランベリーパーク」(11月13日開業)内にオープンするKFC Restaurantは、KFCの定番メニューや限定メニューなど、約50種類の料理とデザートをブッフェスタイルで楽しめるレストラン。

現在は、ららぽーとEXPOCITY店(大阪府吹田市)、ららぽーと名古屋みなとアクル店(愛知県名古屋市)が同様の業態をとっており、南町田グランベリーパーク店が関東エリアで唯一のブッフェスタイルKFCとなります。

今回はオープンに先駆けて開催されたメディア向けの内覧会にお邪魔してきました。

オリジナルチキン食べ放題、部位選び放題

食いしん坊バンザイのこのレストランにおいて、注目は何と言ってもKFCのオリジナルチキンがガチャ要素ナシで食べ放題だということ。

そもそもKFCでは、チキンの部位を(ヘルシーな順に)脂身が少なく淡泊な味わいのキール(むね)、骨のまわりの旨味が詰まったリブ(あばら)、引き締まった肉質でコラーゲンもたっぷりのウイング(手羽)、程よい脂身と弾力ある肉感のドラム(脚)、肉厚で脂もたっぷりジューシーなサイ(腰)の5種のパーツに分類して提供しています。

普段であれば好みの部位が当たるのを願うしかないのですが、KFC Restaurantでは自由にセレクトして自分だけのチキンパックを作ることが可能。5種類並べて食べ比べだってできちゃいます。

サイドメニューのポテトは、店舗や時期によって見かけたり見かけなかったりする「カーネリングポテト」を置く名采配。

「ビスケット」はハニーメイプルかけ放題です。

パンケーキやソフトクリーム向けに用意されているオレンジやキウイのソースと組み合わせても美味しそうです。

骨なしチキン派に朗報。「カーネルクリスピー」もちゃんと並んでるぞ!

限定メニューの洋食グルメも見逃せない

期間限定でチキンやサイドメニューの食べ放題を実施していたこともあるKFCですが、KFC Restaurantではノーマルの店舗では味わえない洋食グルメも充実。

オリジナルチキンだけでお腹いっぱいになるのはもったいない。けど、せっかくなら5種類の部位をコンプリートしたい、というジレンマと格闘すること必至です。

「オリジナルチキンのための特製スープカリー」は、チキンとの相性にこだわったスパイスの深いコクと、野菜の甘みがしっかりと感じられる一品。辛さは控えめなので、キッズたちにも大人気になりそうです。

オリジナルチキンをスープに浸したり、ほぐして混ぜることで、スープのコクやスパイス感がマシマシになります。

ディナー限定の「ロティサリーチキン」は、鶏まるごと1羽のままスパイスを擦り込み、オーブンで50分間じっくり焼き上げたスペシャルメニュー。特製のグレイビーソースをかけて味わいます。

最後はデザートまでしっかりと堪能。なめらかな舌触りで絶妙な甘さの「KFCプリン」、ウマかったなぁ。

KFC Restaurantは80分制、ソフトドリンクバー付きで、平日ランチ大人1980円、小学生980円。土日ランチ大人2180円、小学生1080円。平日・土日ディナー大人2580円、小学生1280円です。※価格は消費税別。

南町田グランベリーパーク公式サイト:
https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき