ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

BMWとコラボした実写版バカボンのパパはなんかカッコいいのだ BMW THE 1の機能をバカボン一家がスタイリッシュに紹介するテレビCMが公開

「うちのクルマは天才なのだ。」――なんとストレートなキャッチコピーでしょう。一読しただけで、あの“バカボンのパパ”がクルマのスマートな機能を紹介してくれるという意図がダイレクトに伝わってきます。ビー・エム・ダブリューは、「新型 BMW1シリーズ」の魅力を伝える新コミュニケーション「うちのクルマは天才なのだ。」の中で、国民的ギャグ漫画「天才バカボン」とコラボレーションしたテレビCMを11月9日からオンエア。先行してウェブムービーが特設サイトで11月8日から公開されています。それにしても、この実写版バカボンのパパ、イケメンだなあ……。

テレビCM「THE GENIUS BAKABON & BMW」篇は、「天才バカボン」を海外コミック風にリメイクした「THE GENIUS BAKABON」をハリウッド映画風に実写化するコンセプトの作品。冒頭では、ポップなアメコミ調の背景の中、バカボンのママが運転する「BMW THE 1」が颯爽と走り抜けていきます。

ナビ役を務める助手席のバカボンのパパ。指示どおりに進むと、バカボンが「ここ行き止まりだよ」と指摘します。

残念がるバカボンのパパですが、バカボンのママは「でも大丈夫」とニッコリ。後部座席にはチャイルドシートに座ったハジメちゃんもいますね。

ハンドルに触れずに、ボタンひとつでバックしながら元の位置に戻れる「リバース・アシスト」を披露して、車内はもう大騒ぎ。

ここで、「うちのクルマは天才なのだ。」とバカボンのパパ。

最後はお決まりのセリフ「これでいいのだ」で締めてくれます。

ハチマキ、腹巻をしていてもダンディな実写版バカボンのパパ。撮影中はちょっとしたしぐさや表情など、原作の人物像を忠実に再現することに力を注いだそうです。バカボン一家のほかにも、警察官の本官さん、レレレのおじさん、そしてウナギイヌまで実写化して登場します。その意外な姿はテレビCMでチェックしましょう。

テレビCM「THE GENIUS BAKABON & BMW」篇(YouTube)
https://youtu.be/qLl0RTaaPgo

THE GENIUS BAKABON 特設サイト
https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2019/bmw-1-series-special.html

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき