体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Microsoft、次世代モバイルプラットフォーム「Windows Phone 8」を発表!Windows 8とカーネル共有でマルチコアや高解像度、NFCなどに対応

Microsoft、次世代モバイルプラットフォーム「Windows Phone 8」を発表!Windows 8とカーネル共有でマルチコアや高解像度、NFCなどに対応


Windows Phone 8が発表!
Microsoftは20日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコで発表イベント「Windows Phone Summit」を開催し、スマートフォンやタブレット向けの次世代モバイルプラットフォーム「Windows Phone 8」を発表しています。

Windows Phone 8は、現状のWindows Phone 7.x系プラットフォームの後継で、パソコン向けプラットフォーム「Windows 8」および「Windows RT」とカーネルを共通化し、64コアまでのマルチコアやWXGA(768×1280ドット)までの高解像度、NFCなどのハードウェアスペックに対応しています。

製品提供時期は今秋、SDKは今夏の提供を予定しており、50言語に対応し、180カ国以上で提供する予定だということです。

なお、現状のWindows Phone 7.x搭載デバイスへのOSバージョンアップには非対応とのことです。なお、Windows Phone 7.x搭載デバイスへの救済措置として、Windows Phone 8の新機能や改善を含む「Windows Phone 7.8」も同時に発表されており、こちらへのアップデートが機種によって予定されるとのこと。

01

Windows Phone 8は、Windows 8やWindows RTとカーネルを共通化したほか、Webブラウザ「Internet Explorer (IE) 10」を搭載します。これによって、パソコンと同様にHTML5やJavaScriptなどをサポートし、マルウェアやフィッシング用のフィルター「SmartScreen」などに対応するとのことです。

また、Windows Phone 7.x向けアプリはWindows Phone 8でも動作し、同一のコードをクラウド上でコンパイルすることで対応し、開発環境「Visual Studio 2012」はWindows 8、Windows RT、Windows Phone 8、Windows Phone 7.x向けアプリの開発をサポートします。

これまでのWindows Phone 7.xで採用していたMetro UIによるタイルベースのホーム画面も引き継がれ、タイルの大きさを任意でカスタマイズできるように改善されています。さらに、ライブタイルはアプリを開かずに新着情報や概要を自動更新表示でき、Androidのウィジェットとアプリアイコンの中間のような機能だということです。

02

他にも、ハードウェア面でのサポートも拡充され、プロセッサのマルチコア(64コアまで)や、WVGA(480×800ドット)およびHD(720×1280ドット)、WXGA(768×1280ドット)といった高解像度ディスプレイ、NFC(非接触IC機能)、microSDカードをサポートします。

ハードウェアパートナーは、ノキア(Nokia)やサムスン電子(Samsung)、HTC、ファーウェイ(Huawei)の4社で、ともにチップセットはQualcomm製を採用するとのこと。

03

NFCサポートは、決済機能にも対応し、おサイフ(Wallet)アプリを標準搭載。アプリ内決済にも対応し、NFCによるタッチ決済やサードパーティーの会員証、ポイントカード、クレジットカード、デビットカード、PayPal、クーポン、「Deals」保存などのさまざまな決済機能に対応しているということです。

NFCはNFCタグの読み取りももちろんでき、名刺や雑誌、ポスターから情報を読み取ったり、端末同士で情報交換したりもできます。また、Windows 8搭載パソコンとワイヤレスで対戦ゲームのセッションを開始するなども可能とのこと。

この他、マップ機能がNokia Mapを標準地図アプリとして採用していたり、マルチタスクが強化され、SkypeなどのVoIPアプリのバックグラウンド着信やロケーションサービスのバックグラウンド起動などが行えるようになっているということです。

なお、Windows Phone 8のOSバージョンアップはネットワーク経由によるOTA(On-The-Air)で、Windows Phone 8搭載デバイスは少なくとも1.5年(18ヶ月)のOSバージョンアップを保証するそうです。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Announcing Windows Phone 8

(http://news.livedoor.com/article/detail/6678600/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。