覆面パトカーでもマグネット式の赤色灯は刑事用

access_time create folderエンタメ
覆面パトカーでもマグネット式の赤色灯は刑事用

覆面パトカーには、交通パトカーと捜査用パトカーという大きく2つの種類があります。交通パトカーは交通違反の取り締まりがおもな目的で、スピード取り締まりが得意。一方、捜査用パトカーは刑事が乗っているため、交通違反は取り締まりません。捜査用の覆面パトカーの見分け方を見ていきましょう。

捜査用の覆面パトカーはマイナー車種

刑事たちが使う捜査用の覆面パトカーは、正式には「私服用セダン型無線車」と呼ばれるもの。刑事たちの“足代わり”の車両であるため、交通違反の取り締まりは行いません。

捜査用の覆面パトカーの特徴は、車種がトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いこと。どちらかというと一般車に紛れ込むことが大切だからでしょう。

ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通違反取り締まり用の覆面パトカーと同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあります。こういったケースは覆面パトカーを見分ける眼力が必要です。

捜査用の覆面パトカーは手で赤色灯

捜査用の覆面パトカーはフロントグリル内に前面警光灯を装備しておらず、赤色灯もマグネット式。車内から手でルーフに載せるタイプです。助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄っている場合がほとんどです。

なお、捜査用の覆面パトカーで張り込みするのは刑事ドラマの中だけの話といいます。「張り込みをするのにクルマは使わない。路駐したクルマにいかつい男性が2人乗っていたら逆に目立つでしょ」と元刑事は話します。

なお、警視庁管内に所属するトヨタ・ハイエースには、交通課配備の覆面パトカーがあります。単なる輸送用ではなく、スピード違反以外の交通違反をガンガン取り締まってくるとか。赤色灯を常時おでこに付けていますが、乗用車のルームミラーには映りにくく、車種ゆえに秘匿性が極めて高い覆面パトカーといえるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

access_time create folderエンタメ
ラジオライフ.com

ラジオライフ.com

ラジオライフ公式サイト。ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。 LINEを既読をつけずに読む方法からネット無料のウイルス対策、新幹線に安く乗るノウハウまで、ありとあらゆるお得情報が満載です。

ウェブサイト: http://radiolife.com/

TwitterID: radiolife1980

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧