ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

革新系フリゲRPG『ポルト・ガーディア』 魔王は勇者に任せて守るは港!そして、胡散臭い話に釣られてガッポリ大儲けの大破産じゃい!?

昔々、魔王の脅威に晒されている西洋のとある国。
港は観光客と交易品に溢れていた。
しかし、そんな港を魔王の手下達が襲う!

あなた(フリスト)は、港のお守「防港人」として、観光客と交易品を魔物から守るという使命がある。送られてくる荷物を仕分けながら、襲い来る魔物達を倒し、港を守り切るのだ!

なに、元凶の魔王?
そんなの勇者に任せときゃいいんです。餅は餅屋だ!
p_guardia_01

……というノリのプロローグと共に始まるのが、今回紹介する『ポルト・ガーディア』(作者:サカモトトマト氏)だ。2019年7月21日から8月24日に渡って開催された、第11回「WOLF RPGエディターコンテスト(通称ウディコン)」にて総合成績13位、熱中度部門8位、斬新さ部門3位、遊びやすさ部門7位の成績を残した作品でもある。

交易品を処理しながら、敵を迎え撃つRPG……?

あらすじの通り、プレイヤーは港を守る「防港人」となり、荷物の仕分けと魔物の迎撃に従事するというのが基本的な内容となる。
ジャンルとしてはロールプレイングゲーム(RPG)に属する。
p_guardia_02

より具体的な流れを紹介すると、本編はステージクリア方式で進行。用意されたフィールド上に交易品という名の「ブロック」を積み上げ、同じ色同士を3つ揃えては消していく。積み上がったブロックがフィールド上部分にある赤いラインを超えるとゲームオーバー。そのままステージの最初からやり直しになるという仕組みだ。

……物申したい気持ちがエクスプロージョンしたかと思われる。
某有名格闘家の画像を貼りたい衝動にも駆られたかもしれない。

ええ、まさしく見ての通りでございますよ。
落ちモノパズルゲームです。
p_guardia_03

それも、同じ色を縦、横に3つ以上揃えて消していく、この手のジャンルにおいて伝統的とも言えるルールを採用したものだ。

これをRPGだとか、書き手の目は節穴かとも言いたくなるかもしれない。
失敬な!断じてそんなことはないわ!
いや、でも最近視力落ちてきたけど。

……って、そんなことはどうでもいい。
話を戻す。確かにご覧の通り、本作は落ちモノ系パズルゲームだ。
どこをどう見てもRPGとは言えぬ見た目をしている。

しかし、遊び心地はRPGそのものなのだ。
それを象徴するのが各種ブロック。それぞれを消すことで、プレイヤーのステータスが強化されたり、アイテムやお金が手に入ると言った現象が起きる。さらにスコアが一定値に達すると、魔王の配下(魔物)との戦闘イベントが発生。
p_guardia_04

それというのが、RPGお馴染みのコマンド選択式。パズルゲームのように連鎖を重ね、妨害ブロックを送り込んで相手を詰ませるものではない、正真正銘の戦闘なのだ。流れも速さのステータスに準じて行動する、これまたRPGの伝統的な方式。

そして、戦闘を勝ち抜けば経験値をゲット。
一定量に達するとレベルが上がり、プレイヤーが強くなる。
p_guardia_05

だが、戦闘終了時の体力は全回復せず引き継がれる形に。なので、パズル側に戻ったら回復を行うブロックを消し、次に戦闘が発生した際に万全の態勢で挑めるよう、準備を重ねていく。それらを繰り返しつつ、画面右側の情報欄にある「進行度」が100%に達した時に現れる魔物のボスを撃退できれば、ステージクリアになる。

このようにやることは落ちモノパズルなのだが、それ自体がプレイヤーの強化・準備のパートに位置付けられていて、戦闘がコマンド選択方式で進行する。なのでRPG色強め……というか、ほとんどRPG。
さながら、パズル+RPGを体現した作品になっているのである。
p_guardia_06

ちなみにステージ開始の度、プレイヤーのレベルは1から、アイテムは未取得で始まる仕組み。この辺はローグライクをモチーフとしている。

パズルとRPGが絶妙に融合した革新的なゲームデザイン

例によって、本作の魅力はこのパズルとRPGが合体したゲームデザインの革新性だ。
さらにプレイヤーのペースで遊べる”ユルさ”も大きな特色になっている。
p_guardia_07

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき