体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リアルタイムに映像を操れ!映像をミックスするVJアプリ「vjay」【iPadアプリ】

リアルタイムに映像を操れ!映像をミックスするVJアプリ「vjay」【iPadアプリ】

Macや高い映像機材やソフトは不要!iPadで始めるVJ
iOS用DJアプリ「djay」を開発したalgoriddimnoの新作アプリが登場した。その名も「vjay」、iPadでVJ(ビジュアルジョッキー)が楽しめるアプリとなっている。

映像をリアルタイムに変化させるため、対応するiPadはデュアルコアCPUを搭載したiPad2以降となっている。
そのパワフルなリアルタイムエフェクトが楽しめるvjayとはどんなアプリなのだろうか?早速チェックしてみよう。

vjayはどんなアプリ
まず、VJアプリと言うこともありフルスクリーン出力を「AppleコンポジットAVケーブル」やHDMI、VGAアダプタを介して外部モニターやプロジェクターと接続して利用できる。もちろん、iPad単体での操作でも十分楽しめるようになっている。

vjayは複数の映像ソースをミックスするというより、DJ的に2つの映像ソースのミックスに特化したアプリとなっている。複数の映像をリアルタイムに出し入れすることはできないが、BPMにシンクした映像ミックスやフェーダー操作によるリアルタイムトランジョン効果など、すぐに使える実用的な機能が盛り込まれている。

そのほか、映像をスワイプすることでアナログレコードのようなスクラッチが出来るなど、タッチパネルならではのインターフェイスを有している。

01

画面下には2つの映像トラックが用意されている。画面右下はX-Yパッドによるエフェクトコントロール表示。

02

VJプレイを動画として保存することも可能だ。

03

設定では、オーディオとビデオのフェーダーを独立させたり、MIDIコントローラーを使用することも可能となっている。

vjayはどうなの?
プリセットされた動画のほかに、カメラロール内の動画を読み込ませて映像ソースとすることが出来るため、応用範囲はかなり広い。特にiPadの場合はカメラコネクションキットによるデジタルカメラからの動画取り込みにも対応しているため、映像ソースの自由度が高い。

2つの映像ソースに対するタッチ操作によるアナログ的な変化がおもしろく実用的。ただし、エフェクトが物足りないと感じた。幾何学的に綺麗に映像が破壊されるようなエフェクトがないため、映像ソースから新たな映像が出来るような偶然性が少なく、ややエフェクトがかかった映像は雑に見えてしまうのが難点。

BPMとのシンクなど便利な機能があるため、VJ用途以外にPV映像制作にも使えそうだ。YouTube投稿用に使える機能として、映像のみをムービーで書き出すことが出来るので是非使ってみてほしい。

記事執筆:mi2_303

[Image] QRコード

アプリ名:vjay
価格:¥850
カテゴリ:ミュージック
開発者:algoriddim
バージョン:1.0
条件:iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation) および iPad Wi-Fi + 4G 互換iOS 5.1 以降が必要
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/vjay/id523713724?mt=8

btn_itunes

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
【これは絶対入れてみたい!エスマックスがオススメする「iPhoneアプリ」特集】 – S-MAX – ライブドアブログ
iPhoneアプリ – S-MAX – ライブドアブログ

(http://news.livedoor.com/article/detail/6673203/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。