ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

マックパックの新作トートは、フィールドも日常も垣根なく使える大小2型。

マックパックの新作トートは、フィールドも日常も垣根なく使える大小2型。

ニュージーランドの南島の街、クライストチャーチ生まれのmacpac(マックパック)。シンプルゆえのデザイン性と機能性の高さは、多くのアウトドア愛好家を惹きつけます。そんなマックパックから、「ワイマテ」、「アムリ」と名付けられた大小のトートバッグ2型が到着。

macpac ワイマテ 30L 38×40×20cm ¥17600
高強度のアズテック生地を採用し、1000デニールのコーデュラナイロンを組み合わせて味わい深い色合いにデザイン。入口はジッパーで閉めることができるので、飛び出してしまったり、中身が見えたりという心配もなし。
ハンドルは手持ち用と肩さげ用と2つ付いているので、荷の重さによって使い分けても良さそう。また、サイドに付いているギアループはカラビナで何かを掛けておくことはもちろん、荷が重たいときのハンドルとして使えるのも嬉しいところ。

macpac アムリ 18L 36×34×12cm ¥15400
「ワイマテ」のサイズダウンモデルとなる「アムリ」。基本的な仕様は一緒ですが、ハンドルは手持ちのみで代わりにショルダーベルトが付属しており、タウンユースにより最適なサイズに仕上がっています。
水濡れも擦れも気にしないでガシガシ使える本作。薪やギアを詰めてキャンプトートとしてもよし、デイリーに使ってもよし。やさしい印象をもたらすアースカラーの風合いは、さまざまなシーンでコーデを引き立ててくれそうです。
(問)ゴールドウィン カスタマーサービスセンター tel:0120-307-560 www.goldwin.co.jp/macpac/

関連記事リンク(外部サイト)

鮮烈なカラーリングで冬スタイルに差がつく、AURAの防水中綿コート。
人気のヘリーハンセン×ビームス第三弾は、表裏のカラーで魅せるインサレーションJKT。
タイメックス×ミステリーランチ第二弾は、2つの強靭なベルトが鍵。

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき