ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

キャンプに持って行きたいラジオのおすすめは?

キャンプに持って行きたいラジオのおすすめは?

アウトドアにおけるラジオの活用パターンを考えると、キャンプを筆頭に気軽なハイキングから、ちょっとしたトレッキング(山歩き)など、いろいろなパターンが思いつきます。どのようなパターンでも、出かけてから家に帰るまで、安定して聞けることが必須。そんなアウトドアに最適なラジオのベストバイを選びました。

キャンプ向けラジオは防水性も重要

キャンプに持っていくラジオは、ぶつけたり落としたりしたくらいで壊れては困りますし、故障につながる川原での水しぶきや雨への防水性も重要です。また、すぐに電池切れしてしまうようでは、話になりません。

キャンプでは、何かの作業をしながらラジオをつけっ放しにしていることも多く、とくにスマホがネットにつながりにくい山間部では、天気や安全情報が得られる大切な情報源になるのです。

そして、キャンプに持っていきたいラジオのベストバイに選んだのが、朝日電器の「ER-W40F」です。IPX4の防沫形で、アウトドアユースでのバランスが取れた、そつがない作りのラジオ。実勢価格は2,860円です。

チューニングのシビアさはわずかにマイナスですが、野外で重要な音量も十分で音質も良好。何より、温度計の装備はすばらしいことです。気温は、高くても低くても疲労を招きますが、それを客観的に確認できるのは安心感が違います。

キャンプ向けラジオのずば抜けた音量

常に温度と時間を同時に表示しているのが高ポイントでした。このような点が評価につながるのは、野外で使用するキャンプ向けラジオならではです。

キャンプに持っていきたいラジオ第2位は、東芝エルイートレーディングの「TY-JKR5」。小型で基本性能が高く、手回しラジオでありながら、IP54の防塵・防沫性を得ていることから2位となりました。実勢価格は5,580円です。

アウトドアでは、出かける時に電池を新品に交換するのが鉄則。しかし、うっかりは起きてしまうもの。そんな時でも、電池切れの心配がなく、スマホへの充電にも使えるのですから、全天候形のライフライングッズと呼んでもいいレベルです。

第3位は、オーム電機の「豊作ラジオPLUS」。単1形乾電池×4本を使用し、電池込みで1.2kgのヘビー級。実勢価格は2,680円です。

これを持って山に登れといわれたら暴力でしかありません。しかし、今はオートキャンプなど、荷物の重さを問題としないアウトドアが人気です。ずば抜けた音質と音量は、家族や仲間たちと過ごす時間を彩ってくれるでしょう。防水性能はIP66なので、川に落としたくらいでは浸水しないタフさも魅力です。

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき