体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料で使えるデジタルフィルターや便利なスタンプ機能搭載!小技の効いたカメラアプリ「LINE camera」【Androidアプリ】

無料で使えるデジタルフィルターや便利なスタンプ機能搭載!小技の効いたカメラアプリ「LINE camera」【Androidアプリ】

画像加工編集が楽しいカメラアプリ
SNSやブログの更新をスマートフォンで行っている人も多くなってきているようです。スマートフォンは、写真を撮って共有する方法がフィーチャーフォンより柔軟で使いやすいことや、自分の好きなカメラアプリや画像編集アプリを選べる点も魅力の一つ。

今回紹介するAndroid向けアプリ「LINE camera」は撮る・編集する・デコるなど簡単操作で個性的な写真を作って共有できるカメラアプリです。

LINE cameraはどんなアプリ
LINE cameraは、カメラ機能を使って撮影もしくは端末内の画像を加工・編集できるカメラアプリです。通常の4:3の画面比率での撮影以外に、1:1の正方形フォーマットでの撮影も可能です。

撮影した画像もしくは端末内の画像に対して、トイカメラ風や風景写真にぴったりなビビッドカラー、ソフトフォーカス、クロスプロセス、モノクロなどすぐに使える21種類のデジタルフィルターで加工することができます。さらにデジタルフィルターの他に、明るさ・コントラスト・彩度など写真調整のためのパラメーターも用意されていますので、元画像を綺麗に仕上げることができます。

そのほか特徴的な機能として、コミュニケーションツール「LINE」でお馴染みのスタンプキャラクターを貼り付けることができます。スタンプは回転拡大縮小ができるため好きな位置にピッタリとレイアウトすることができます。LINE cameraの特徴として、手書きの文字やテキスト入力などの効果は、ピンチ操作による回転拡大縮小に対応しているので細かな作り込みをすることができます。

枠・スタンプ・手書き・テキスト入力など好みの加工が終わったら、画像を保存してブログなどに利用することができます。画像保存後には、LINEやSNSに共有できるメニューが表示されますので便利です。

01

画面比率指定のほかに、セルフタイマー撮影も可能です。

02

画像加工もアイコンをタップするだけの簡単操作。

03

LINEでお馴染みのユーモラスなスタンプを多数収録。

04

手書き文字も簡単に再レイアウトが可能となっています。

05

画像保存後は各種SNSサービスへの投稿メニューが表示されます。

LINE cameraはどうなの?
デジタルフィルター系が便利な点と、スタンプを使ったコミック的なリアクションを簡単につけられるため応用範囲が広いカメラアプリです。デジタルフィルター系の効果も本格的なものが多く画像加工アプリとしてもオススメです。
撮影後に明るさ・コントラスト・彩度が調整できますので、ちょっと暗く写った写真や鮮やかさがない写真もすぐに加工編集ができる優れものです。

手書き入力やテキスト入力などはお遊びの要素としてだけではなく、記録やメモとして使えますので様々な分野へ応用することも可能です。

LINE cameraと名前だけ聞くとLINE専用のツールのように感じてしまいますが、LINEを使ってない人でも楽しめるカメラアプリですので是非使ってみてください。

記事執筆:mi2_303

[Image] QRコード

アプリ名:LINE camera
価格:無料
カテゴリ:写真
開発者:NAVER
バージョン:2.2.1
ANDROID 要件:2.1以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linecamera.android

btn_android

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6671004/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。