体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技

ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技

テレビ録画がHDDレコーダーに移行して久しい。HDDレコーダーはHDDの容量さえあればいくらでもテレビ番組を録画できるのでつい録りすぎて、見たい番組を探すとき苦労したりする。

昔ならビデオカセットごとに好きな番組を保存しているので、すぐに大好きな番組が見られた。ちなみに筆者は、世界遺産や、サッカー日本代表戦、フィーチャーウェポンといった番組が好きなので、昔のカセットにように簡単にまとめられたら、いつでも直ぐ見られて便利なのにと思ってしまうほどだ。

また、録りためたお気に入りの番組が、知らないうちに家族に消されてしまい悲しい経験をしたという人もいるのではないだろうか。

何かよいものがないものかと、いつものようにネットで検索していたところ、アイ・オー・データ機器のDTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」なるものを見つけた。

本製品を使えば、テレビ番組をカートリッジごとに管理できるうえに、パソコンで視聴したり、編集できる機能も実装予定だという。まさに、自分の録画ライブラリ管理には打ってつけのデジタル機器というわけだ。

名付けて、「ハイビジョン録画時代のビデオカセット復活計画」だ。まずは、「HVL-AVSシリーズ」がどれほど便利なものなのかを、ここで紹介しよう。

■録画ライブラリの環境を作ろう
HVL-AVSシリーズは、録画した地デジを家の中でどこでも楽しめるDTCP-IP規格に対応したハイビジョンレコーディングハードディスクだ。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技DTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」

●ハイビジョン対応のHDDレコーダー「HVL-AVSシリーズ」
本製品は、2テラバイトの内蔵ハードディスクに加え、著作権保護技術「SAFIA」に対応した「iVDR-S」(カセットHDD)を挿し替えてハイビジョン番組の保存ができる。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技「iVDR-S」(カセットHDD)を挿し替えてハイビジョン番組の保存ができる
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技左から機能スイッチ、FAN、リセットスイッチ、LANポート、USBポート、電源コネクター
124/128度CSデジタル放送「スカパー!HD」のハイビジョン番組録画(「スカパー!HD録画」)や、東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉からの録画、アイ・オー・データ機器の地デジキャプチャー製品を搭載したパソコンからの番組のダビングなどに対応している。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技「HVL-AVSシリーズ」のパッケージ
本体には、LANケーブル(ストレートタイプ:1m)、取扱説明書、セットアップガイド(〈レグザ〉版、スカパー!HD版、Wooo版)、ACアダプター、ACケーブル、iVDR-Sロゴシールが付属される。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技「HVL-AVSシリーズ」の付属品
なお、本製品には、「iVDR-S」カセットHDD(RMSシリーズ)は添付していないので、別途、対応カセットHDDが必要となる。

●お買い得なセットもあるカセットHDD「RMSシリーズ」
「RMSシリーズ」は、著作権保護技術「SAFIA」に対応した手のひらサイズのカセットHDDだ。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技「RMSシリーズ」は、手のひらサイズのカセットHDDだ
アイ・オー・データ機器のハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」などの「iVDR-S」対応機器で録画用メディアとして利用できるほか、「iVポケット」を搭載した日立フルハイビジョンテレビ「Wooo」などで使うことができる。

製品としては、500ギガバイトの容量を持つカセットHDD「RMS-500」(単品)と、パソコンと接続するアダプター付きのカセットHDD2個セット「RMS-500X2.A」が用意されている。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技カセットHDD2個セット「RMS-500X2.A」。パソコンと接続するアダプター付きだ
こうしたHDDを個別に使う方法としては、マニアな人に人気の裸族のお立ち台があるが、
HDDをケースレスで使用するので気をつけて扱わないと破損の危険がある。子供がいる家庭での危険度かなり高くなのでの使いづらい。

この「RMSシリーズ」なら、裸族のお立ち台のように、HDDをむき出しで使うタイプではないので、お子さんがいるご家庭でも安心して使うことができる。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技裸族のお立ち台「CROSU2」
iVDR-Sって、なに? – ワンポイント
著作権保護技術である「SAFIA」に対応し、本製品や日立のフルハイビジョンテレビ「Wooo」などの対応機器で利用できるカセットHDDのことだ。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。