ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

2019年後半は話題シリーズの公開が続く。『ターミネーター:ニュー・フェイト』が11月8日(金)に公開され、年末には待望の「SW」シリーズ最新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』が2019年12月20日(金)に公開とファンにはたまらない続編が目白押しだ。そこで続編製作が決定している大人気3シリーズを紹介。

■世界的大ヒットSFシリーズ

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ」オリジナル三部作(1977〜1983)

言わずと知れたスペースオペラ大作として世界で最も有名な本シリーズ。世代を問わず多くの映画ファンに愛され続け、その後多くの新トリロジー作品や派生作品を今なお生み出し続けている。
「遠い昔、はるか彼方の銀河系で…」というオープニングな印象的なキャプション。オリジナル三部作の物語の舞台はジェダイ騎士団の滅亡後の銀河系。そこでは帝国軍の圧政下に苦しんでいた。しかし辺境の惑星で暮らすルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)はフォースに覚醒。ジェダイの生き残りオビ=ワン(アレック・ギネス)やハン・ソロ(ハリソン・フォード)とともに反乱軍の旗手となり活躍する(スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望)。
宇宙要塞デス・スターを破壊された帝国軍と反乱軍の闘いはさらに激化。ルークは父親である暗黒卿ダース・ベイダー(デヴィッド・プラウズ)から衝撃の事実を告げられる(『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』)。
その後、ジェダイマスター、ヨーダによる特訓を終えたルークは父ベイダーとの対決の時を迎える。シスの暗黒卿との因縁の闘いがここに終結する(『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)。
公開後瞬く間に社会現象とまでなり、ジョージ・ルーカス監督の名を世界に轟かせたシリーズ第一作であったが、その成功を受けたルーカス監督は第二作からは早くも製作総指揮にとどまるようになる。旧三部作、新・続三部作を合わせるとシリーズ世界興収としては「マーベル・シネマティック・ユニバース」に次ぐ堂々の歴代二位にランクしている。

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2012年のウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルム買収後、新体制で始まった続三部作(シークエル・トリロジー)は2015年に『フォースの覚醒』、2017年に『最後のジェダイ』が公開され、2019年に公開予定の『スカイウォーカーの夜明け』で遂にエピソード9としてスターウォーズが完結する。

■冒険映画の金字塔

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

TM & (C)2008 Lucasfilm Ltd.. All Rights Reserved. Used under authorization.

「インディ・ジョーンズ」シリーズ(1981〜2008)

当時すでに『ジョーズ』(1975)や『未知との遭遇』(1977)などの名作を生み出していた巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、人気実力派俳優ハリソン・フォードを主演に迎えて撮り上げたおなじみのアドベンチャー・シリーズ。
著名な考古学者にして冒険家でもあるインディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)は、普段は大学で教鞭を執っているが、発掘依頼などを受けるとすぐに教室を飛び出していくような血気盛んな人物。
ナチス・ドイツによるユダヤの秘宝発掘の情報を得ればすぐに奪還の旅へ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』)。時に謎の秘教集団に命を狙われ(『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』)、また時に学者である父親(ショーン・コネリー)とともにイエス・キリストの聖杯探索の大冒険に出たり(『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』)、はたまた拉致されたあげくに宇宙人に遭遇したり(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』)、と毎回波乱に富んだ大冒険ばかりだ。
原案はスピルバーグ監督とこちらも映画史に残る大ヒットシリーズである「スター・ウォーズ」シリーズのジョージ・ルーカス監督が担当。ルーカス監督はシリーズを通して製作総指揮に名を連ねている。また『未知との遭遇』に続きジョン・ウィリアムズが音楽を担当し、誰もが一度は聞いたことのある印象的なテーマ曲を生み出した。
2021年にはシリーズ第5弾の公開が予定されており、すでに70代のハリソン・フォードだがまだまだ現役アクションスターとしての底力を発揮してくれそうだ。

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

TM & (C)2008 Lucasfilm Ltd.. All Rights Reserved. Used under authorization.

■最新技術による“覚醒”

「ターミネーター」「スター・ウォーズ」……。続編製作が決定している大人気シリーズ映画3選!!!

(C)1999 Village Roadshow Films (BVI) Limited. (C)1999 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

「マトリックス」シリーズ(1999〜2003)

人気スター俳優キアヌ・リーブス主演、ウォシャウスキー姉妹監督による大ヒットSFアクションシリーズは、最新技術を駆使したスタイリッシュな映像表現で世界中の映画ファンを虜にした。
大手ソフトウェア会社に勤務するプログラマーでありながら、天才ハッカー“ネオ”としての裏の顔を持つトーマス・A・アンダーソン(キアヌ・リーブス)は、仮想現実の中で覚醒(『マトリックス』)。彼はネブカドネザル号の船長であるモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)らの助けを受け、人類を解放する救世主として奮闘していく(『マトリックス リローデッド』)。その後、昏睡状態に陥り仮想世界と現実世界を彷徨うことになってしまったものの一命をとりとめたネオは、人類とコンピュータの敵であるエージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)との直接対決に挑むのだった(『マトリックス レボリューションズ』)。
本シリーズはそれまでにないCG技術やワイヤーアクションを駆使した最新のVFXによって映像表現に革命を起こした。そうした側面が評価され、第71回アカデミー賞では視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞を受賞している。
また、2019年8月にはシリーズ第四作の製作が発表され、主演俳優キアヌ・リーブスの続投も決定している。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』本予告

関連記事リンク(外部サイト)

【話題のイケメン俳優】山本美月と交際中の瀬戸康史。“俳優人生の転換点”となったある作品とは!?
【激動の香港】自由と民主を求め戦う映画界の英雄たち。転生する“香港電影”の底力とは
【映画の波打ち際5】巨匠コーエン兄弟監督最高傑作『ノーカントリー』アメリカ映画の作劇術とは!?

映画boardの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき