ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

敵は“大自然”と“オオカミ”、全米初登場1位の映画が日本上陸

敵は“大自然”と“オオカミ”、全米初登場1位の映画が日本上陸

ポスター。 映画『THE GREY 凍える太陽』 (C)2011 The Grey Film Holdings, LLC. 

 「生き残れ。本能が、叫んでいる。」

 ハリウッド最強の兄弟が放つ、全米初登場1位を獲得した映画『THE GREY 凍える太陽』(8月18日公開)の背筋が凍るほどスリル満点な予告映像が公開された。

 本作は、リドリー・スコット製作、トニー・スコット製作総指揮によるサバイバル・アクション。石油掘削現場で働く屈強な男たちを乗せた飛行機がアラスカの荒野に墜落する。生き残った7人の男たちは、吹雪が荒れ狂う極寒の大雪原に掘り出され、方角も定まらない中、生き残りをかけて南へと移動する。そこで彼らを待ち受けていたのは、大自然の猛威と縄張りを侵された狼たちの容赦ない攻撃だった。諦めたら全てが終わる極限状態の中、彼らの生死を賭けた壮絶な闘いの果てに待っているものは何か。

 今回、公開された予告映像がこちら。

 主演を務めるのは、『96時間』『アンノウン』のリーアム・ニーソン。実際にマイナス20度以下のカナダの山奥で撮影が行われ、「自分の中にある野生が呼び覚まされた」と、リーアムが語るほど過酷だったという。

 ジョー・カーナハン監督は、リーアム以外のキャストをあえて無名の俳優にすることで、次の犠牲者を簡単に予測できないように演出している。また、日本人カメラマンのマサノブ・タカヤナギによる臨場感あふれる映像で、大自然の恐ろしさとスケールを描き出し、さらに緊張感を観る者に与える。

 想像を絶する寒さと血に飢えた狼を前に、無事生き残ることはできるのだろうか。映像の最後に流れるナレーションが意味することとは何か。

 映画『THE GREY 凍える太陽』は、8月18日(土)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

映画『THE GREY 凍える太陽』 – 公式サイト
映画『THE GREY 凍える太陽』 – 公式Facebookページ
映画『THE GREY 凍える太陽』試写会プレゼント(7月30日締切)

【MOVIE ENTERおすすめ特集】
「ペントハウス/宇宙人ポール」特集
『おしん』主演女優オーディション
『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』特集
『グレイヴ・エンカウンターズ』特集 -霊能力者ヒューストンが怪現象に遭遇

(http://news.livedoor.com/article/detail/6661737/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。