ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

元ネタを忠実に再現。ワイルドシングス×チャオパニックのモンスターパーカは、古着好きも必見!

元ネタを忠実に再現。ワイルドシングス×チャオパニックのモンスターパーカは、古着好きも必見!

毎年この時期になると、セレクトショップや古着屋に並び始めるECWCS。昨年GO OUT WEBでも特集記事を組んだが、今年もまだまだその人気が冷めることはなさそう。実際、もっとも人気のある「モンスターパーカ」は、さまざまなブランドがこぞってリメイクを手がけるほど。
なかでも今期リリースされたWILDTHINGS(ワイルドシングス)とCIAOPANIC(チャオパニック)が共作したモンスターパーカは、非常にいい塩梅だ。

別注モンスターパーカ ¥41800
なにがいいって、元ネタにそれほど手を加えていないところ。
シルエットしかり、ポケットやエルボーパッチ、フードなどのディテールしかり、中綿に採用した素材しかり。もちろん身幅や着丈が若干すっきりしていたり、首回りにすこしゆとりを持たせていたりと、こまかく調整されている箇所もある。
とはいえ、数あるリメイクのなかではブランドの主張はいたって抑えめだ。
中綿にはプリマロフトの極細繊維を採用。保温性、軽量性、撥水性、柔軟性、通気性、収納性に優れた夢のような素材だ。


ブランドロゴは、ごく控えめにあしらわれる。

本物のモンスターパーカが手に入るものなら、もちろんそれに勝るものはない。ただ、年々タマ数も減っているだけに、自分にあったサイズのものを手に入れるのは至難。
そんなとき、できるだけ元ネタに忠実なこんな一着があれば、ボクならきっと飛びついてしまう。
ちなみにワイルドシングスといえば、定番「デナリジャケット」をベストに大胆アレンジしたこちらも併せてチェックしてみては。
(問)

チャオパニック ベースヤードトーキョー 原宿店 tel:03-3486-5118 https://zozo.jp/shop/ciaopanic/

関連記事リンク(外部サイト)

アシックスの名作トレランシューズが防水に。ルックスまでGORE-TEX仕様のビームス別注品。
レアセル×マーク・ゴンザレスが再び! シンサレート採用の、個性たっぷり総柄JKT。
今月はコレが売れてます! 10月のヒットアイテムTOP10【買えるGO OUT】

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき