トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

access_time create folderエンタメ
トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

2014年にトム・クルーズ、エミリー・ブラント主演でダグ・リーマン監督で公開したSF・アクション映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。兼ねてから続編製作の話がありましたが一向に進んでおらず、頓挫の噂もある中で『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の脚本が完成、遂に始動する続編についてまとめます。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは?

日本のライトノベルが原作!トム・クルーズ主演オール・ユー・ニード・イズ・キルの続編の進捗状況は? | 映画board

2014年に、ダグ・リーマン監督により公開されたSFアクション映画である『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。
主演はトム・クルーズで共演にエミリー・ブラント。
物語は主人公のケイジが、突如宇宙人の侵略の最前線となる戦場に駆り出されて、とある条件でいきなりタイムループの波の中に巻き込まれ成長を遂げていく様を描いた作品。
原作は桜坂洋と日本のライトノベルが元になっている作品。
原作の物語では、漫画にもなっており、『デスノート』などでお馴染みの小畑健作画で、ヤングジャンプで連載されていました。
そんな日本でも注目のSFアクション作品、 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のこれまでの経緯も紹介しつつ、現在の製作状況なども紐解いていきます。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が何故ハリウッドで映画化されたのか?

トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

http://www.edgeoftomorrow-movie.com/wp-content/gallery/edge-of-tomorrow/copy-burn-edge-of-tomorrow-dvd-mac.jpg

2009年に『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作本であるライトノベルの英訳版がアメリカに渡ります。
しかし正式に刊行される前の試しすりの段階で映画プロデューサの目に留まり、映画化権の交渉が開始されるのです。
そして結果的にワーナーが買取り、2013年に本格的に製作が開始されるのでした。
大方はハリウッドライクに様々な改変がされているのが特徴です。
しかし、しっかり日本の作品らしい情緒的な部分が反映されているのもまた、味わい深い作品となっています。
主人公の名前であるケイジやリタ・ヴラタスキなど、原作そのままの設定もしっかり継続されている点も嬉しい部分です。
単純にキャラクターをそのままアメリカ的にしていない部分も、とても好感があり原作ファンも納得のハリウッド作品と言えるでしょう。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のあらすじ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル

原題 :EDGE OF TOMORROW
2014年7月4日より全国にて公開
2014年/アメリカ/113分
more

謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。ケイジのループ能力が敵を倒す鍵になると確信したリタは、彼を強靭な“兵器”に変えるべく、徹底的に鍛え上げる。“戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか──?
出典元:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4197/

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編は?

トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

HONG KONG – MAY 25: A large billboard promoting the new Tom Cruise movie “Edge of Tomorrow” hangs in the Times Square neighborhood on May 25, 2014, in Hong Kong, China. Hong Kong, with a population of nearly 8 million people, has become one of the world’s most important trade and financial centers since the British relinquished control of the region in 1997 to the People’s Republic of China. (Photo by George Rose/Getty Images)

元々続編については製作が決定し、動き出しているとの一報は届いていました。
しかしトム・クルーズとエミリー・ブラントが脚本にGOサインを両者ともに出すことや、スケジュールの確保が難しいとのことで、ここ数年一切新たな情報は出てきていませんでした。
しかしこの度、遂に新たな情報が飛び込んできたのです。
その詳細について紹介します!

遂に脚本が完成!

トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

NEW YORK, NY – OCTOBER 24: Director Doug Liman attends the Build Series to discuss the film ‘Fair Game’ at Build Studio on October 24, 2018 in New York City. (Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images)

監督のダグ・リーマンが、アメリカのメディアの取材で明らかにしています。
今作も前作同様に、トム・クルーズの右腕とも言われている盟友クリストファー・マッカリーが務めるとの一方でしたが、監修を行いその上で様々な経緯を経てマシュー・ロビンソンが就任しています。
そして、アメリカのメディアの取材で、監督のダグ・リーマンが遂に脚本が完成しことを明らかにしました。
1度2017年には脚本が完成し、トムとエミリーのふたりのスケジュール次第と言われていた続編製作でしたが、今回再執筆などの工程を経て、本当に脚本が上がったのでした。
今後のスケジュールとしては、製作チームの編成などを経て、主演のトム・クルーズのスケジュールが『ミッション:インポッシブル』の最新作の撮影が2020年に控えているので、その後に製作が行えれば…と明かしています。

スタッフなどは盤石の体制を!

トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

HONOLULU – AUGUST 29: “He ‘oi’o kuhihewa; he kk ola i ‘ike ‘ia e ka makaul” — It’s Halloween and Five-0 investigates a home invasion turned deadly after a dangerous “monster” escapes from the basement. Also, Max (Masi Oka) returns to Oahu with a very special guest, on HAWAII FIVE-0, Friday, Oct. 25 (8:00-9:00 PM, ET/PT) on the CBS Television Network. Pictured: Masi Oka as Dr. Max Bergman. (“He ‘oi’o kuhihewa; he kk ola i ‘ike ‘ia e ka makaul” is Hawaiian for “Don’t blame ghosts and spirits for one’s troubles; a human is responsible”). (Photo by Karen Neal/CBS via Getty Images)

続編企画のプロデューサーには、前作でも務めたアーウィン・ストフ&トム・ラッサリーが続投。
しかしそれ以外に俳優のマシ・オカも参加予定。
さらにはエグゼグティブ・プロデューサーには元週刊少年ジャンプ編集長だった佐々木尚氏も関わることが発表になっており、日本の原作である『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を大切に扱いつつも1咲く名城に大切に扱われていくことが判明しています。

気になる物語は?

トム・クルーズ主演のSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が脚本完成!遂に続編が始動へ!

http://www.edgeoftomorrow-movie.com/wp-content/gallery/edge-of-tomorrow/rita-edge-of-tomorrow-36521-1920×1080.jpg

前作では、瀕死になりながらも最後にオメガの血を浴びて、ギタイの心臓となる存在を見事に撃破したケイジたちでしたが、続編ではどういった物語になるのでしょうか?
エミリー・ブラントとトム・クルーズが続投することがほぼ既定路線である『オール・ユー・ニード・イズ・キル』では、この二人を中心に進行することが決まっています。
そういう経緯からも、前日譚になることはまずないでしょう。
ということは、前作の物語のその後が描かれるであろうことが予想されます。
また再びギタイが現れるのか…
それとも宇宙に飛び出していくのか…
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の続編は、どういった物語を紡いでいくのか注目です。
そしてもし順調にスケジュールが確保されるのであれば、2022年、2023年ごろには公開を迎えるのでは‥と、期待するばかり。
ファンにとっては、まだ心待ちにする他ないようです。

関連記事リンク(外部サイト)

【2019年最新版】後世に残したい傑作選、おすすめSF映画ランキングTOP10
いくつ知ってる!?いまさら聞けない映画用語集。映画好きなら知って得する専門用語を紹介!
あなたは幾つ知ってる!?いまさら聞けない映画ジャンル集。細分化される映画ジャンルを一覧で紹介!

access_time create folderエンタメ
local_offer
映画board

映画board

映画に関連するニュースや作品情報、レビュー、キャスト情報、視聴率、ランキング、チケット予約などを掲載している映画メディアサイト。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧