ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ソニーのシャワーラジオの感度と音質をチェック

ソニーのシャワーラジオの感度と音質をチェック

ソニーの「ICF-S80」は洗練されたデザインが特徴のシャワーラジオ。ほかの多くのシャワーラジオがダイヤル式を採用している中、ボタン式チューニングを採用しています。アンテナは、背面からチョロチョロ垂れるワイヤーアンテナです。そんなソニーのシャワーラジオの感度と音質をチェックしてみました。

シャワーラジオの基本を押さえた装備

ソニーのシャワーラジオ「ICF-S80」は、ボタン式チューニングを採用。周波数の変更は「+」と「-」のボタンを使います。周波数を大きく変える時は、プリセット登録を使いましょう。AM/FMラジオの放送局をそれぞれ10局まで登録できます。

また、各ボタンの表面は、やや厚手の防水フィルムで滑らかに覆われているものの、クリック感がしっかりとあるのが好印象です。

電池ボックスはネジやツマミではなくスライド式ですが、容易には開いてしまわないよう、ロック構造となっています。パッキンの具合や各部品のかみ合わせも美しく、「さすがソニー製品」と思わせてくれます。

時計はもちろん、最大90分までのタイマーが付いており、入浴時間の目安をセットできたり、電池残量の警告表示が出るなど、シャワーラジオの基本を押さえた装備が光ります。

シャワーラジオの7.7cmのスピーカー

シャワーラジオの実際の使用感はというと、音質は少しレンジが狭い音がしますが、聞き続けても疲れることはありませんでした。スピーカーは直径7.7cmと大きめなので、しっかりとした音で鳴ります。ボリュームを上げていっても、歪んで雑多な音になってしまうようなこともありませんでした。

感度は、FMラジオ放送がごく普通、AMラジオ放送はやや高め。FM波はワイヤーアンテナで、全長は42cmほど。これが背面からチョロチョロと垂れているのをどう見るか、評価の難しいポイントではありますが、ロッドアンテナと違って「折れない」という点は、評価できます。

受信周波数はAMラジオ放送531~1710kHz(9kHzステップ)/FMラジオ放送76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)です。サイズ/重さは145W×128.4H×62.1D㎜/375gで、製造国は中国。実勢価格は5,000円です。

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき