ヤマハが「MW-VISION」と「Land Link Concept」を出展 自律走行ビークルの遺伝子は“ころばないバイク”と“地上のドローン”へ:東京モーターショー2019

access_time create folder生活・趣味

10月24日から11月4日にかけて開催中の東京モーターショー2019。有明会場のヤマハブースには、自律走行ビークルの遺伝子を受け継いだ「MW-VISION」と「Land Link Concept」が出展されています。

前回のモーターショーで、オートバイの自律運転ができるヒト型ライディングロボット「MOTOBOT Ver.2」、自立しながら人を乗せて走行できるバイク型ロボット「MOTOROiD」を出展したヤマハ。2015年に「MOTOBOT」をお披露目して以来、自律走行可能なビークルの可能性を追求してきました。

【東京モーターショー2017】自立&自律走行できて人も乗れるヤマハのバイク型ロボット『MTOTOROiD』
https://getnews.jp/archives/1945655[リンク]

【東京モーターショー2017】時速200キロ突破! ヤマハが進化したヒト型自律ライディングロボット『MOTOBOT Ver.2』を出展
https://getnews.jp/archives/1944446[リンク]

【東京モーターショー2015】行くぜ時速200キロ! ヤマハがバイクを自律運転するヒト型ロボット『MOTOBOT Ver.1』を発表
https://getnews.jp/archives/1219129[リンク]

「MW-VISION」は、二輪車のようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両「LMW」の技術を用いる次世代パーソナルモビリティ。繭型のボディを採用。マシンと一体化してリーンするコーナリング時の爽快感に、安心感と快適性をもたらしています。

停車時には、低速でも自立姿勢を維持しながらバックするドライバー補助機能を搭載。MOTOROiDで培った技術が、「めざせ、ころばないバイク」の実現を目指します。

「Land Link Concept」は、周囲をセンシングしながら地上を自律走行する“陸のドローン”。それぞれが操舵・駆動できる4輪のタイヤにより、方向を問わず移動が可能。AI画像認識により走路を自分で判断し、障害物を回避して走行します。

MOTOBOTとMOTOROiDもその後の姿が見てみたかったですが、その遺伝子が引き継がれて新しいビークルが生まれていくのは、壮大なロマンを感じます。ヤマハの自律走行ビークルは、今後どのような形で製品化に至るのでしょうか。

access_time create folder生活・趣味

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧