フジテレビ・長谷川豊アナウンサーの降格処分にネットでは「いつか何かやらかすと思っていた」の声

access_time create folder政治・経済・社会

12日、フジテレビは、ニューヨーク支局に勤務する長谷川豊アナウンサーが、「ニューヨーク滞在関連費用の不正使用」のため降格処分とし本社付けとしたことを明らかにし、ネット掲示板で話題となっている。

報道を受け、ネット掲示板には「滞在関連費用の不正使用ということは会社の金を横領したということ。よく会社に居続けられるな」「フジテレビの公式サイトからはプロフィールが削除されているから、少なくともアナウンサーではなくなったようだ」「普通はクビだろう。フジテレビぬるいな」と、様々な反応が寄せられた。

また、09年には長谷川アナが、生放送中に滝川クリステルを「外人」呼ばわりし、「差別発言ではないか?」と批判を呼んだこともあったことから、「この人はいつか何かやらかすと思っていた」「こいつは前から評判が良くなかった」とする声も目立つ。

ほかにも「わざわざ報道で晒し者にするんだから交通費のちょろまかしとか、そういうレベルではなく、相当悪質だったんだろうな」「不正使用って何に金を使ったのか、気になる」と、処分の背景や詳細を憶測する声も見られた。

【関連記事】
フジ NY支局の長谷川アナを処分「滞在費不正使用あった」
滝クリを「外人」と差別発言 フジテレビアナに批判集中

【関連情報】
長谷川豊 滝クリ 人種差別(YouTube)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧